CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«駆除エゾシカ素材のジーンズ開発 オイカワデニム「命の大切さ思う一本に」/宮城/河北新報 | Main | 北陸初認証!野性味ゆたかなジビエの直売会/石川/YAHOO!ニュース»
害獣駆除の担い手足りない 警備会社に委託実験も 被害額2位の福岡/西日本新聞 [2022年01月26日(Wed)]
イノシシやシカによる食害が深刻化する中、駆除作業の担い手は高齢化や過疎化で減少し、捕獲後の殺処分や埋却の負担が地域に重くのしかかる。野生鳥獣による農作物被害が年間約6億円と全国2位の福岡県では、警備会社が作業を請け負ったり、食肉処理業者が新たな担い手を育成したりと、模索が続いている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/867214/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 21:00 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント