CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ALSOK、現金輸送の需要縮小でジビエ事業参入 出荷には警備のノウハウも/マネーポスト | Main | 害獣駆除の担い手足りない 警備会社に委託実験も 被害額2位の福岡/西日本新聞»
駆除エゾシカ素材のジーンズ開発 オイカワデニム「命の大切さ思う一本に」/宮城/河北新報 [2022年01月26日(Wed)]
宮城県気仙沼市のジーンズ製造会社「オイカワデニム」は、北海道で駆除されたエゾシカの毛を使ったジーンズを開発している。同社が手掛けるメカジキの一部を使ったジーンズに続き、動物を衣類として再生させるシリーズの第2弾。社長の及川洋さん(48)は「自然や命の大切さに思いを寄せてもらえる一着になれば」と願いを込める。
https://kahoku.news/articles/20220125khn000035.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:59 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント