CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«食生活に「+ジビエ」 全国フェア1000店参加 独自メニューや狩猟・解体体験/日本農業新聞 | Main | エゾシカ捕獲減り再増加 誤射事故を受け狩猟規制 道南で農業被害深刻化/北海道/北海道新聞»
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新型ウルフは歩いて威嚇 奈井江・太田精器 東京の鳥獣対策展に試作機/北海道新聞 [2021年11月27日(Sat)]
野生動物向け忌避装置「モンスターウルフ」を製造する太田精器(奈井江)が、四足歩行で畑などを動き回る自走式の新機種を開発中だ。従来の設置型以上にシカやクマなどを警戒させ、より高い忌避効果を得ることを目指している。来年度に農地での実証実験も行いたい考えで、同社は「ロボットによる獣害対策」の実現に意欲を見せている。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/616070/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント