CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«クマに襲われハンターと島根県職員けが 線路脇で接触事故調査中/gooニュース | Main | 奄美群島出身の男性、移住先に福井県を選んだ理由 山間で狩猟の日々「ないものあった」/福井新聞»
野生鳥獣対策に試行錯誤 高齢化でハンター減少、福岡/産経新聞 [2021年10月23日(Sat)]
シカやイノシシなど野生鳥獣による農林水産物への被害が深刻だ。九州で最も大きな被害が出ている福岡県では、狩猟期間を拡大して、捕獲作戦を展開し成果を上げているが、一方で高齢化が進むハンターの減少が止まらない。同県は11月28日までジビエフェアを開催中で、獣肉活用を促進してハンターの捕獲意欲に弾みをつけたい考えだ。本格的な猟解シーズンを前に、同県の野生鳥獣の事情を探った。
https://www.sankei.com/article/20211022-5ZDJ33V6XFKV7BG5CSDHORPVFY/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:39 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント