CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「撃たれた鹿のところにキツネがバッと駆け寄っていって…」 “クマ撃ち”を描く作者が感じた山中での野生のリアル/文春オンライン | Main | 【動画】クマ、わなを避けて悠々と食事 仙台・秋保の山林/河北新報»
人間vsイノシシの“泥臭い”頭脳戦 DMMが広島で獣害対策、侵入防止→捕獲へ/広島/SankeiBiz [2021年08月09日(Mon)]
DMM.comグループで農業関係のビジネスを手掛けるDMM Agri Innovation(アグリイノベーション、東京)が、広島県で実施した獣害対策プロジェクトの2020年度の活動を終了した。県が地域課題の解決を目指して業者を公募する「ひろしまサンドボックス」の一環で、尾道市のびんご運動公園の土や芝生を荒らすイノシシの被害を軽減させたという。そこには“猪突猛進”のイメージとは異なり、慎重な野生動物との「頭脳戦」があった。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/210809/bsj2108090600001-n1.htm
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント