CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「第6回ジビエ料理コンテスト」レシピ応募者の募集開始 農水省/農業協同組合新聞 | Main | 地域環境計画、夜間ドローン調査技術活用した鳥獣被害対策ワンストップサービス提供/DRONE»
デジタルテクノロジーを活用し、広島県立びんご公園へのイノシシの侵入を軽減することに成功〜今後、分析したイノシシの状況を基に捕獲を目指す〜/PRTIMES [2021年08月02日(Mon)]
鳥獣被害対策事業を展開する、株式会社DMM Agri Innovation(本社:東京都港区、代表取締役 岡崎 翼、以下DMMアグリ)は、株式会社アポロ販売(本社:東京都千代田、代表取締役 浅岡輝喜)、一般社団法人CEFIC研究所(本社:愛媛県今治市、代表理事 大澤讓兒)と共同で、広島県が公募した「ひろしまサンドボックス」実証プロジェクト(行政提案型)「公園内のイノシシ被害軽減のための獣害対策支援業務」において、令和2年度の活動が終了したことをお知らせいたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003788.000002581.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:04 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント