CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«猟犬にかまれ女性2人けが 山菜採り中に 滋賀/産経新聞 | Main | リポートT「町内初の民間シカ肉加工場に期待の声 足寄」/北海道/十勝毎日新聞»
『羆撃ち久保俊治 狩猟教書』伝説の羆撃ちが明かす狩猟の極意は、現代の「五輪書」か。/NumberWeb [2021年04月13日(Tue)]
「とんでもない本だ、これ」。読み進めながら、思わず唸った。私のようなヒグマ愛好家にとって、久保俊治の名は、アイヌ犬との美しい冒険譚『羆(くま)撃ち』の著者として強く記憶に刻まれている。その久保氏が生涯をかけた「忍び猟」の極意を明かしたのが、本書である。内容の充実ぶりは容易に想像がついたが、第1章の「道具考」からして、猟銃や刃物の選び方やメンテナンスはもちろん、狩猟に携行すべきビニール袋の大きさと枚数にまで触れる徹底ぶりである。
https://number.bunshun.jp/articles/-/847738
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント