CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«農作物被害158億円、独自開発“長持ちピンク”で害獣対策を 畑や木、生活を守る『識別テープ』春が訪れる啓蟄(けいちつ)の日に新発売/JIJI.COM | Main | デリバリー・テイクアウトで房総ジビエを味わおう!第3回房総ジビエコンテスト優秀作品も決定!/PRTIMES»
山中の木でイノシシ捕獲おり 獣害対策と山林環境改善を両立 京都・南丹の男性が考案/京都新聞 [2021年02月22日(Mon)]
山中で切り出した木を現地で組み立てて、イノシシなどを捕獲する木製のおりを作る手法を京都府南丹市八木町の男性が考案した。獣害対策になるだけでなく、間伐が進んで、山林環境の改善につながるとPRしている
https://this.kiji.is/736357212973400064?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:56 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント