CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本唯一の森林ジャーナリストが獣害の実態を語る『人間の住処が奪われている!? 〜もう間に合わない? 知られざる日本の獣害』配信!/excite.ニュース | Main | マタギ文化、冬の観光資源に 4泊5日で無料養成 栄村/長野/gooニュース»
イノシシ入った田んぼのコメは臭い…稲刈り業者にも断られ「今年は売り物にならず」/岩手/読売新聞 [2020年11月28日(Sat)]
岩手県内でイノシシによる被害が深刻化している。県によると、2019年度の農業被害額は1800万円(速報値)、捕獲頭数は346頭となり、いずれも過去最高・過去最多を更新した。専門家は、捕獲だけに頼らず、畑の周囲を刈り取ったり農作物の放置をやめたりするなど、環境面での対策を講じるよう呼びかけている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201128-OYT1T50102/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:42 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント