CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«クマ、イノシシ...行動『分析』 集落環境診断、鳥獣被害防止へ/福島/福島民友新聞 | Main | 【〜11/15】ふくおかジビエフェアが県内18店舗で開催/Net IB News»
岡山の薫製店店主、久米南町地域おこし協力隊に着任 鳥獣被害を薫製で解決/岡山経済新聞 [2020年10月20日(Tue)]
岡山の薫製店「とののベーコン」(岡山市北区中山下2)店主の篠原英治さんが10月1日、久米南町地域おこし協力隊に着任した。
「地域おこし協力隊」は2009(平成21)年にスタートした総務省の制度で、他エリアから移住してきた隊員が、農業・漁業、地域の魅力PR、イベント運営など地域活動を行い、定住・定着を図る。2018(平成30)年は、1061の自治体で5000人以上が活動している。久米南町の隊員は8人目で、現在は篠原さんを含む6人が活動している。主な活動は、「久米南美しい森」(久米南町中籾)に住み込みキャンプ場などの利用者拡大を図るほか、薫製で地域活性を目指す。
https://okayama.keizai.biz/headline/1101/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント