CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山梨県韮崎市の県有地 県立射撃場の候補地 現地調査開始/UTY | Main | 遠軽町にシカ肉処理施設が完成/北海道/NHK»
ジビエ利用 伸び悩み 政府目標に届かず 豚熱、コロナが逆風 農水省調べ/日本農業新聞 [2020年09月29日(Tue)]
ジビエ(野生鳥獣の肉)の利用量が2019年度は2008トンとなり、前年度から6・4%増えたことが農水省の調査で分かった。だが、政府目標の2600トンには届かなかった。豚熱の感染確認地域でのイノシシの流通自粛に加え、20年に入ってからは新型コロナウイルス禍で販売が伸び悩んだ。鳥獣被害防止や農村の所得向上の観点から、同省は25年度までに利用量を4000トンに増やす新目標を設定。21年度予算の概算要求でも大幅増額を求める。
https://www.agrinews.co.jp/p52010.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント