CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«泡瀬の鳥獣保護区指定に反対へ 沖縄市長が要請受け意向示す/琉球新報 | Main | イノシシ急増、農業が危機 県内被害は10年で約30倍、生産者ら深刻さ訴え/山形/山形新聞»
市街地のイノシシ攻防戦「危険すぎる」 学会が注意喚起/朝日新聞 [2020年09月17日(Thu)]
福岡市や新潟県燕市で先月以降、市街地にイノシシが現れて大捕物になる例が続いたことを受け、「野生生物と社会」学会は16日、自治体職員や警察官が軽装で対応するのは極めて危険だ、などとする声明を発表した。大型のイノシシは体重100キロを超え、ナイフのような犬歯もあり、太ももを刺されて大量出血すると命の危険があると懸念。対応する際は防具などを着けるよう求めている。
https://www.asahi.com/articles/ASN9J6Q46N9HULBJ019.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント