CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ハンター襲った親子グマか 2頭の死骸見つかる 北海道士別市/HBC北海道放送 | Main | 令和2年度「ニホンジカ狩猟奨励事業」の実施について/滋賀県»
捕らえたシカの皮でグッズ加工 新宮町でわな猟に取り組む協力隊員/福岡/西日本新聞 [2020年08月29日(Sat)]
福岡県新宮町の地域おこし協力隊員で、シカなどのわな猟に取り組む小島(おしま)慎太郎さん(29)が、シカ皮を使ったグッズ販売を始めた。里山のバランスが崩れて害獣としてのシカやイノシシが増えていると感じる小島さんは、開発の行き過ぎで起きる問題を「整えたい」との願いを込めて、「totonoi(ととのい)」という名前の会社を設立。「グッズを手に取ることで、いま山で起きている問題を知ってほしい」と話す。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/639826/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント