CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地方点描:クマ肉ジビエ[大曲支局]/秋田魁新報 | Main | 『黒田勝雄写真集 最後の湯田マタギ』 黒田勝雄・著/SankeiBiz»
首都圏の鳥獣被害対策、住民も参加 猟師不足背景に/日本経済新聞 [2020年08月28日(Fri)]
鳥獣被害対策に地元以外の住民らにも参加してもらおうと、首都圏の企業や行政が工夫を凝らしている。クラウドファンディング(CF)で資金を募ってワナを共同で購入するなど、新しい取り組みも出てきた。猟師の高齢化や人手不足が進むなか、住民らが鳥獣被害対策に一役買っている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63096080X20C20A8L83000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント