CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新潟市にライフル射撃場計画 有害鳥獣対策の担い手育成へ 住民から反対の声も/BSN | Main | イノシシを食べよう!3〜イノシシレシピあれこれ【第27回】都内の美人営業マンが会社を辞めて茨城の奥地で狩女子になった件/BEST T!MES»
鹿肉、ジビエなのに「夏うまい」 関西で探る加工の努力 とことん調査隊/日本経済新聞 [2020年06月30日(Tue)]
知人に連れられて入った飲食店に見慣れないメニューがあった。「夏鹿のロースト」。野趣に富むジビエ(野生鳥獣肉)は秋・冬のイメージが強いが、くせのない爽やかな味わいが口に広がった。夏鹿が広がる背景を探ろうと和歌山県にある生産施設を訪ねると、野生動物との共生に悩む農家の姿が見えてきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60928380Z20C20A6AA1P00/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:45 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント