CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«22年開設予定の狩猟者育成施設 西日本最大級の射撃場に/兵庫/ひょうご経済+ | Main | 捕獲イノシシを肥料に 武雄市に減容化施設完成  循環型社会実現へ/佐賀/佐賀新聞»
新聞記者、銃をとる 新米猟師奮闘記/30 終わり良ければ、とはいかず /滋賀/毎日新聞 [2020年03月24日(Tue)]
今期の狩猟シーズンは3月15日ですべて終わった。2019年11月に始まり4カ月半。初日、シカを1発で仕留めたものの、その後は失敗に次ぐ失敗。直近の2回は安全装置の外し忘れと、まさかの打ち損じで自信喪失。15日は有終の美を飾ろうと、10人の仲間と山に向かった。
https://mainichi.jp/articles/20200324/ddl/k25/070/352000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:31 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント