CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【はたらきガール】猟師・Nozomiさん「農家の被害をなくして猪を地元の名産にしていきたい」/@DIME | Main | 【活写2020】脱「エサ場」、農家の闘い 鳥獣被害/愛媛/産経フォト»
新潟県上越市のジビエ加工施設がペットフード商品化を目指す/にいがた経済新聞 [2020年03月18日(Wed)]
上越市の柿崎ブーシェリー(森本祐造代表)は、地元で獲れたイノシシやシカなどを解体し食肉加工する施設。今年2月には同市の料亭、長養館でジビエ(狩猟肉)料理の食事会が開かれ、同工場で処理した肉が使われた。東京都内の1つ星レストランにも卸している同工場では、現在、ジビエのペットフードがブームなことから、将来的には商品化を目指している。
https://www.niikei.jp/32386/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:37 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント