CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«獣害深刻化、小さな町で猟師増える 町民が積極自衛、ジビエ講座満員/福井/福井新聞 | Main | イノシシ使い故郷の里山守る 香川の農業男性 狩猟学び職人と連携/毎日新聞»
北見市職員着服か 外郭団体で不明金/北海道/北海道新聞 [2020年02月26日(Wed)]
北見市は25日、市が事務局を担っている外郭団体「市鳥獣被害防止対策協議会」(会長・武田雅弘・市農林水産部長)で本年度、509万円の使途不明金が判明したと発表した。昨年6月から今年2月にかけ13回に分けて金融機関の口座から現金が引き出されていたという。市は協議会の経理を担当していた市農政課の20代の男性職員が着服したとみて、懲戒処分を検討している。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/396557
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:40 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント