CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鳥獣害、地域挙げ防ごう 田辺で対策研修会/和歌山/紀伊民報 | Main | 「ヤッホ、ヤッホ」の声が消える? 人口43人の集落で伝統のクマ狩りが存続危機/新潟/FNN PRIME»
県内ニホンジカの行動分析 1日の7割、親子で行動 県森林研報告、効率的捕獲へ研究 /埼玉/毎日新聞 [2020年02月06日(Thu)]
県寄居林業事務所森林研究室(寄居町)の2019年度の研究で、県内のニホンジカの親子は1日の7割で行動を共にしていることなどがわかった。森林環境担当の森田厚さん(50)は「効率的な捕獲につながるよう研究を進めたい」としている。
https://mainichi.jp/articles/20200206/ddl/k11/040/173000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:32 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント