CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«イノシシ対策で助っ人 上市 自衛隊OB、柵設置へ草刈り/富山/北國新聞 | Main | ハンターの違反行為横行 夕張 10月以降、猟友会6件確認 禁止区域侵入、公道から射撃も/北海道/北海道新聞»
鳥獣被害対策&地域活性化プロジェクト  地元高校生が取組む地域活性化  12/5(木)埼玉県立小鹿野高校生が鹿肉新メニューを発表/@Press [2019年12月03日(Tue)]
ちちぶのじか活性化協議会(所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野298-1 西秩父商工会内)は、埼玉県立小鹿野高等学校と連携して、地域の実態(鳥獣被害および対策・鹿の利活用による地域活性化)を高校生に知ってもらう授業を担当しています。自分たちが住む地域で発生している問題を知ってもらうとともに、地域問題を他人事として捉えるのではなく、「自分はなにができるか」という視点から考える意識を醸成することを目的に、高校生にオリジナル鹿肉新メニューを開発してもらっています。
https://www.atpress.ne.jp/news/200113
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:32 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント