CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«岩手)イノシシの農業被害拡大 生息域広がり捕獲数増加/朝日新聞 | Main | 豚コレラ確認半月前 "衰弱イノシシ"生かせず 猟友会通報、静岡県「生きてるなら検査できぬ」/毎日新聞»
獣の捕獲 裾野広げる 会員募り狩猟支援 埼玉県横瀬町のベンチャー/日本農業新聞 [2019年11月08日(Fri)]
埼玉県横瀬町のベンチャー企業のカリラボは、猟期の始まりに合わせて15日、巻き狩りに参加したい猟師と地元猟師を結び付けるサービス「カリナビ」をスタートする。全国で初めての取り組みという。併せて、共同でわなを利用するサービス「ワナシェア」も展開する。野生鳥獣による農産物被害の軽減と、鳥獣被害や狩猟の実態を広く知ってもらうのが目的。狩猟免許を持たなくても参加できるイベントも開く。今年度は、町内で活動を実施し、今後は活動範囲を広げていくという。
https://www.agrinews.co.jp/p49190.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:08 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント