CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«豚コレラ 野生イノシシ捕獲強化 目標1万頭超、重点エリア設定 群馬/産経新聞 | Main | マタギが「オコゼ」の姿干しを持ち歩いていた理由/BOOKウォッチ»
県警、住宅街でも猟銃駆除方針 ツキノワグマ緊急対策会議/富山/北日本新聞 [2019年10月11日(Fri)]
ツキノワグマの大量出没を受け、県警は安全を確保した上で、住宅街でも猟銃による駆除を進める方針を示した。10日、県民会館で本年度2回目の緊急対策会議があり、大原光博県警本部長が「猟友会との連携を強化し、効率的に実力行使していく」と説明した。
鳥獣保護法は住宅街での銃使用を禁止しているが、警察庁は2012年、規制を緩和する通達を出した。
これにより、緊急時には警察官が警察官職務執行法に基づき、ハンターに猟銃を使った駆除を命じることができるようになった。
https://webun.jp/item/7605286
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:02 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント