CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鳥獣対策活動で表彰候補を募集 農水省/農業協同組合新聞 | Main | イノシシの活用策、考える 山くじらフォーラム開幕/島根/山陰中央新報»
ジビエ取引ネットでつなぐ 茅野の振興協会、携帯大手と共同で実証実験/長野/信濃毎日新聞 [2019年10月04日(Fri)]
衛生管理基準や流通規格を満たした国産ジビエ(野生鳥獣肉)の普及を目指す日本ジビエ振興協会(茅野市)は、携帯大手のNTTドコモ(東京)などと共同で、ニホンジカやイノシシの肉の買い手と売り手をインターネットでつなぐサービスの実証実験を始めた。従来はレストランや小売店が食肉処理加工施設に欲しい部位や量、納期を直接発注する必要があったが、ネット上でいつでも簡単に取引できるようにした。売り手には販路の拡大、買い手には仕入れ安定の利点があるとし、本格稼働を目指している。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20191004/KT191002GJI090013000.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント