CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«申請写真、ずさんなチェック 白糠町・エゾシカ捕獲報償費/北海道/朝日新聞 | Main | 鳥獣対策活動で表彰候補を募集 農水省/農業協同組合新聞»
九州農政局が安価な「わな通知機」を製作/農業協同組合新聞 [2019年10月03日(Thu)]
 農林水産省では、鳥獣害対策で、捕獲に従事する人の高齢化や、農業に従事する人の見回りなどの労力を軽減するために、ICTやIoT化を推奨している。
 ところが、鳥獣害対策の関係者からは、装置が高価なため導入が難しいとの意見があったことから、九州農政局の職員が市販の機器を組み合わせ、安価な「わな通知機」を試作した。この装置は「くまもと☆農家ハンター」の人たちの協力による実証試験を行い良好な実績が認められており、現在、本格的導入の準備を始めた地区があるという(九州農政局農村振興部農村環境課)。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/10/191003-39279.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:36 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント