CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
"ジビエ肉"を活用できる地域おこし協力隊、長崎県五島市が募集 条件は「解体経験・狩猟免許を受けた経験がある人」/ニコニコニュース [2020年01月24日(Fri)]
長崎県五島市は1月24日、ジビエ肉の利活用を普及させるため、新たに地域おこし協力隊の募集を開始した。募集人数は1人で、任用期間は4月から1年間(活動実績により更新、最長3年)。来月以降に応募書類や面接による選考を予定している。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6485713
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今話題のジビエを気軽にリーズナブルに ヘルシーでワイルドな味わい 農作物被害対策にも一役 「全国ジビエフェア」開催中/産経新聞 [2020年01月24日(Fri)]
シカやイノシシといった野生鳥獣肉の「ジビエ」が話題だ。昨年放送されたテレビドラマでも取り上げられ、関心が高まっている。ジビエというと、食通好みの高級グルメというイメージが強いが、気軽にリーズナブルに楽しめるフェアが開かれている。外食業界団体の日本フードサービス協会が2月28日まで実施している「全国ジビエフェア」だ。農作物への被害対策で捕獲されたシカやイノシシの有効利用を目的に行われているもので、居酒屋や焼き鳥店、カジュアルなバルなど幅広いジャンルの全国約1000店がジビエ料理を提供している。話題のジビエを体験するには絶好の機会だ。
https://www.sankei.com/life/news/200124/lif2001240002-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
単独猟の猟師が到達した「命に感謝」を超えた境地『山のクジラを獲りたくて』に綴られた真摯な願いとは/JBPRESS [2020年01月24日(Fri)]
人間が「山」に入る目的には、どんなことがあるだろう。
登山のためは最も多そうだ。それに山菜を採るためという目的もある。木材を得るための林業はかつて盛んだった。
もうひとつ、「狩猟のため」という目的が昔も今もある。猟銃などの猟具を持って山に入り、鳥獣を捕らえる。そして解体し、食材を得る。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59063
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
岡山・建部町でジビエレザーを使った商品開発 靴工房とのコラボも/岡山経済新聞 [2020年01月23日(Thu)]
「建部(たけべ)獣皮活用研究所」が現在、ジビエレザー商品の事業拡大に取り組んでいる。
https://okayama.keizai.biz/headline/915/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NTT東日本ら5者、小菅村で独自LPWAを活用した林業IoTの実証実験/山梨/businessnetwork.jp [2020年01月23日(Thu)]
NTT東日本、山梨県小菅村、北都留森林組合、boonboon、さとゆめの5者は、林業IoTの実証実験を行うと発表した。山間部において独自の高出力LPWAなどを活用して無線通信環境を構築し、林業や獣害対策の課題解決・効率化などを実現する。
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/7145/Default.aspx
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
香美市で1/25にシカ食害シンポ/高知/高知新聞 [2020年01月23日(Thu)]
香美市物部町の三嶺周辺などで深刻化するシカ食害について考えるシンポジウムが25日、同市土佐山田町宝町2丁目の市立中央公民館で開かれる。
https://www.kochinews.co.jp/article/340050/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:32 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
地域と畑、獣害から守れ 自らわな猟、離農ゼロへ―熊本の若手グループ/JIJI.COM [2020年01月23日(Thu)]
農作物を獣害から守るため、熊本県の若手農業者のグループが自らイノシシの駆除に乗り出した。情報通信技術(ICT)も使い、年間700頭以上を捕獲。「地域と畑は自分たちで守る」を合言葉に、獣害による離農者ゼロを目指している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012200672&g=soc
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:32 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「柵で囲う+捕獲=獣害減少」 集落の餌場価値下げる対策を 社会学者の視点で見る被害軽減法/兵庫/丹波新聞 [2020年01月22日(Wed)]
野生動物の学習会「地域で取り組める獣害対策の成果や可能性」がこのほど、兵庫県丹波市の「青垣いきものふれあいの里」であった。約70人が、県森林動物研究センター主任研究員の山端直人さんから、柵の点検・補修と「柵で囲う+捕獲」で獣害を減らした集落の事例を学んだ。要旨は次のとおり。
https://tanba.jp/2020/01/「柵で囲う+捕獲=獣害減少」 集落の餌場価値/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:26 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高知)シカなどの独自のメニュー よさこいジビエフェア/朝日新聞 [2020年01月22日(Wed)]
シカやイノシシなどのジビエ料理を高知県内17市町村の51店で楽しめる「よさこいジビエフェア2020」が始まっている。「イノシシのすき焼き」「鹿バーガー」「猪肉のビール煮込み」など独自のメニューが楽しめる。県鳥獣対策課の企画。3月13日まで。
https://www.asahi.com/articles/ASN1H3SLYN1HPLPB002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:25 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新聞記者、銃をとる 新米猟師奮闘記/26 カモは忍者、シカもドロン /滋賀/毎日新聞 [2020年01月21日(Tue)]
「あれっ、消えた」
狩猟をしていると、ときどき、獲物が消えたとしか思えない事態に出くわすことがある。「確かに今、そこにいたはず」と首をかしげて、そこら中を見回すのだが、発見できない。
https://mainichi.jp/articles/20200121/ddl/k25/070/352000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ