• もっと見る
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「鳥獣保護管理法第38条の改正に関する対応方針(案)」 に関する意見を募集(パブリックコメント)/EICネット [2024年05月30日(Thu)]
環境省は、「鳥獣保護管理法第38条の改正に関する対応方針(案)」について、広く意見を募集するため、令和6年5月28日(火)〜6月26日(水)までの間、意見募集(パブリックコメント)を実施する。
https://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=50795&oversea=0
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:32 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
求む!ハンターの後継者、若返り・人員確保へセミナー 銃猟体験も/大分/朝日新聞 [2024年05月30日(Thu)]
これから狩猟を始めたい――。そんな人たちを対象にした「スタートアップセミナー」が今月中旬、大分県杵築市や大分市で行われた。背景にあるのが狩猟免許を持つハンターの高齢化だ。60代以上が7割を超える中、新たなハンター育成が求められている。
https://www.asahi.com/articles/ASS5Y3TWDS5YTPJB006M.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:31 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ駆除辞退「報酬安すぎ」発言の真相直撃 猟友会が本音を明かす「狩猟というスポーツを楽しんでいるだけ」「自ら進んで寿命を縮めたくない」/goo [2024年05月28日(Tue)]
クマの出没情報が連日伝えられるなか、北海道のとある猟友会が、駆除への参加辞退を表明した。
日当4800円という「報酬の安さ」ばかりが注目されるなか、猟友会メンバーに詳しい話を聞くと、意外な真相が見えてきた。
https://news.goo.ne.jp/article/abematimes/region/abematimes-10128188.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
センサーカメラ・AI搭載わな…鳥獣の「スマート捕獲」、農林水産省が来年度にも事業費補助へ/読売新聞 [2024年05月28日(Tue)]
農林水産省は、シカやイノシシなどの鳥獣被害対策にデジタル技術を活用する「スマート捕獲」の推進に乗り出す。2025年度にもモデル地区を選定し、事業費を補助する方針だ。狩猟の担い手不足は深刻化しており、効率的な捕獲方法を普及させ、農作物被害の減少を目指す。
https://www.yomiuri.co.jp/science/20240528-OYT1T50126/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:10 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハンター報酬増額を検討へ 奈井江町長が協議の考え示す ヒグマ駆除で猟友会が協力辞退 北海道/livedoor [2024年05月27日(Mon)]
北海道奈井江町の猟友会が、人員不足や報酬額の低さなどを理由にクマ出没時の対応を辞退したことを受け、町長は27日朝に取材に応じ、報酬額について再検討すると答えました。
https://news.livedoor.com/article/detail/26484591/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:51 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
人間を“食べ物”と認識するクマも…「肉の味覚えた」原因は駆除したシカの放置か/goo [2024年05月27日(Mon)]
北海道や東北で人がクマに襲われる件数が増えています。人を食べ物と認識するクマもいて、原因は人によるシカの放置ではないかという指摘があります。
https://news.goo.ne.jp/article/tvasahinews/nation/tvasahinews-900003660.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:51 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ運搬中に斜面から転落、66歳男性死亡 郡山の林道/福島/福島民友新聞 [2024年05月27日(Mon)]
26日午前11時20分ごろ、郡山市熱海町高玉の林道で、同市熱海町高玉字地福、無職の男性(66)が斜面から転落し、死亡した。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20240527-859969.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
獣害は深刻化、狩猟者は減る一方…ハンター育成へわな猟も練習できる全国初の射撃場完成/兵庫/読売新聞 [2024年05月24日(Fri)]
兵庫県は6月1日、狩猟者の育成を目指す「県立総合射撃場」を三木市吉川町に開設する。県内では狩猟者不足が続き、シカやイノシシなどによる農作物の被害は2022年に約4億7000万円に上るなど深刻化している。射撃練習場だけでなく、わなを使った猟の練習場も備えた全国初の施設で、県は「技術の向上にもつなげ、狩猟者不足を解消したい」としている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240523-OYT1T50171/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市街地でクマ狩猟可能 環境省検討会、法改正へ方針提示/日本経済新聞 [2024年05月24日(Fri)]
昨年度過去最多の人的被害が出たクマ対策に関し、環境省の専門家検討会は23日、一定の条件下で市街地での銃猟が可能となるよう鳥獣保護管理法の改正を柱とする対応方針案について議論した。大きな異論は出ず、法改正を目指す見通しとなった。検討会は夏ごろに方針として正式に取りまとめる予定。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE239L90T20C24A5000000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
12歳に散弾銃渡したか 61歳を銃刀法違反ほう助容疑で逮捕 愛知/毎日新聞 [2024年05月24日(Fri)]
12歳の少年に散弾銃を渡したとして、愛知県警は23日、愛知県知多市のモーターボート修理販売会社役員、吉川修一容疑者(61)を銃刀法違反ほう助容疑で逮捕した。少年は散弾銃を海に向かって発砲したとみられる。
https://mainichi.jp/articles/20240523/k00/00m/040/269000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ