• もっと見る
« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
やまじ
保存決定 (09/15) 石巻スポサポ
川開き東日本大震災供養 (08/16) やまじ
川開き東日本大震災供養 (08/09) 石巻スポサポ
元日風景 (01/13) 七海
元日風景 (01/10) 石巻スポサポ
かんけい丸カレー出店 (01/08) じゅみこ
かんけい丸カレー出店 (01/03) 石巻スポサポ
びっくり 雹が降ってきた (11/03) ノルディックミネちゃんこと嶺岸 昭
びっくり 雹が降ってきた (11/03) 石巻スポサポ
ご苦労さんでした (10/11)
最新トラックバック
UMA打ちあがる?????!!! [2009年07月31日(Fri)]


石巻スポサポでは渡波海水浴場の監視業務をおこなっているのですが、昨日、その際にカメの死骸が打ち寄せられているのを発見びっくり

希少動物だった場合、勝手に処理することが出来ないので県からも調査の方が来ました。

結果、甲羅の長さ1mのアカウミガメ氏。

開発による産卵場所の減少や、ビニール袋の誤飲による死亡など、環境問題と関連付けられることの多い動物ですね。

アカウミガメ氏、丁重に埋葬いたしました。
同じ地球に生きる仲間として御冥福お祈りします。




Posted by 石巻スポサポ at 13:11 | 出来事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キッズサッカー [2009年07月31日(Fri)]

先日、宮城野原陸上競技場で行われたキッズ(幼児〜小学校低学年)対象の1Dayサッカースクールに行ってまいりましたサッカー

スポーツの楽しさ、体を動かすことの歓び。こういうのって、年齢が早いうちに体験することにで、その子たちの生涯にわたるスポーツ感に影響してきます。

好天の中集まった86名!ものキッズたちとボール遊びやサッカーのミニゲームなどなど。

子供たちもいっぱい体を動かしましたが、指導する我々もヘトヘトになってしまいました汗




いざ川開き [2009年07月29日(Wed)]

石巻最大のお祭り、川開き祭りが間近に迫りました。
明日は前夜祭が行われます。

今年注目しているイベントとして「街かど実験室」があります。
風鈴作成や、マンガ万華鏡づくりなど面白そうな内容なのですが、その中でも「液体窒素で遊ぼう!」というコーナーは、なんと亀山紘石巻市長自らプレゼンツ!

でんじろう先生などでブームのパフォーマンス実験、子供たちに大人気ですね。
でもこういうおもしろ実験を現役市長がやってしまうってのはなかなか無いんではないでしょうか。
さすが理工学部の教授市長です。


「液体窒素で遊ぼう!」のコーナーは立町グレースホールにて
8/1 13:30〜17:00
8/2 10:00〜12:00
の予定です。
Posted by 石巻スポサポ at 16:50 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
祝2019年ラグビーW杯開催決定 [2009年07月29日(Wed)]

2019年ラグビーワールドカップの開催地が日本に決定しました!

いまいち盛り上がりに欠けてるような気もしますが、サッカーのワールドカップ、オリンピックに次ぐ規模の世界的スポーツイベントなんですよー拍手

ヨーロッパや南半球のいわゆる強豪国以外では初開催となるこの大会、ユアテックスタジアム仙台も有力な国内開催地候補になっています。
オールブラックスのハカがユアスタで見れるかもしれないんです!


さて、石巻って実はラグビー王国だって知ってました?
全国高校ラグビー大会、いわゆる花園にも石巻の高校は何度も出場しているのです。

ラグビー王国復活へ向けて、石巻ラグビーフットボール協会は、今年の春から毎月第一日曜日をラグビーの日と定め、クラブ、世代を超えた交流を図っています。

日本でのワールド杯開催もこうした地域のラグビー関係者の底支えあってこそ。
大いに盛り上がりたいですね!



Posted by 石巻スポサポ at 09:10 | 出来事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
わたしを海につれてって [2009年07月27日(Mon)]

昨日の日曜日、障がいをもった方たちと海に遊びに行く、「わたしを海につれてって」というイベントを行いました。
場所は石巻市佐須浜。
サンファンバウティスタパークからちょっと半島方面にすすんだところにある浜辺です。

天気予報がいい意味ではずれ、からっとした夏ばれ太陽

カヌーに乗ったり、フローティングベストを着て遊泳したり、
参加したみなさんは本当に楽しそうな笑顔をみせてくれました笑顔


この日は夏休み中の日曜日ということもあり、私たち以外にも多くの人が海水浴に来ていたのですが、ここで感じたのは障がいをもった人々に対するさりげない優しさです。

知的障がいをかかえた子供など、健常者とはやはり外見、行動が異質に映ると思います。
しかし、それを好機の目でみたりする人は一人もいませんでした。

タトゥーをいれたちょっとイカツイ若者が、我々のメンバーがカヌーに乗りやすいようにさりげなく気を使ってくれたり。

世話を焼きすぎるのではなく、あたりまえの存在として見るということ。
ノーマライゼーションなんて横文字をあえて使わなくとも、こういう優しさがたくさん感じられ、世の中捨てたもんじゃないじゃないかと思いました。

NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンターでは今回のようなイベントを定期的に行っております。
興味を持った方は是非お問い合わせ下さい。








日食と昼間の夜店 [2009年07月23日(Thu)]
今日は46年ぶりの皆既日食。(石巻は部分日食ですが)

橋通り商店街とアイトピア商店街の合同で開催された日食を楽しむイベントを、朝ちょっとのぞいてみました。


例年は夜店として行うところを昼間の夜店と題してのイベント。
天気は残念ながらいまいちでしたが、人はなかなかあつまってました。


皆既日食となる地域を中継する大画面TVを積んだ車も登場。
海の日 ビーチクリーン [2009年07月21日(Tue)]

昨日7月20日は海の日でした泳ぐ

我々石巻スポサポは渡波海水浴場にてちびっこたちのスポーツイベントを開催しましたが、浜辺で遊ぶ前にまずはビーチクリーン。

海、自然への感謝をこめての清掃活動です。
ゴミ袋一杯のゴミの中には、発泡スチロール、プラスチックのような、そのままではなかなか自然に帰らないものもたくさんありました怒り

家庭でもいえることですが、ゴミってのはださなければ拾われることもないんですよね。
決められた場所以外に捨てないってのは当然ですが、それ以前にゴミ自体を出さない、減らす、ってのが大事じゃないでしょうか。

自分だけ、今だけ、という気持ちでのポイ捨てがたまりたまって地球を壊します。

ポイ捨てではなく、目に付いたゴミを一個だけでも拾うポイ拾い。
そういう活動からでもはじめたいですね。


日食イベント [2009年07月21日(Tue)]

いよいよわが国では46年ぶりに観測される皆既日食が明日に迫りました。

太陽が消えるというこの現象、昔の人はさぞかし驚き、畏れたことでしょうね。
各国の歴史書にも日蝕のことと思われる記述が残り、日本で言えば日本書紀に記録が残っているそうです。

今回の日食、皆既日食を見るためには奄美大島やトカラ列島までいかなくてはなりませんが、石巻でも60%以上が隠れる部分日食がみられます。
仙台のデータですが、欠けはじめが午前9時57分。11時12分に最大の食となり、午後12時24分に食が終わるそうです。

ここ石巻でも商店街が中心となって日食を楽しむイベントが行われます。

オリジナル日食グラスをつくったり、大型テレビを積んだ家電メーカーの専用車で日本南西部の皆既日食のライブ中継が見られます。
そのほかミュージシャンのライブやフェイスペインティングコーナーなど盛りだくさんの内容ですよ。
会場は石巻橋通り商店街。時間は10時〜13時。
会場商店街は通行止めとなるのでご注意を。


今年は世界天文年にあたってるとか、今世紀最長の皆既日食であるとかいろいろ呼び声はありますが、とにかくイベントとして楽しんじゃいましょう!!
Posted by 石巻スポサポ at 08:32 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
滝川丑の日 [2009年07月19日(Sun)]

本日は土用丑の日。

ってわけでいただいちゃいました。
割烹滝川のお持ち帰りウナギ!

炭火が香ばしく、過剰に脂っぽくない鰻本来の味わい。
んまいっ!!


土用丑の日に鰻を食べる風習って、江戸時代に、発明家で有名な平賀源内さんが考えたって知ってました?
暑い夏にあぶらっこい鰻が売れなくて困っていた鰻屋さんに相談されて、
「丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」なんて一種ダジャレとともに売り出したんだとか。

現代なら電通あたりが展開しそうな、いわばキャンペーンですよね。

こういう抜け目ない商売のアイデア、我々も町おこしで大いに参考にしたいものです。
神事 [2009年07月19日(Sun)]


先日の海開き安全祈願祭。

ごらんのとおり神式なのですが、こういう行事にのぞむとわれわれの宗教観ってものを考えさせられますね。

ニッポンは葬式で仏教、結婚式ではキリスト教、おうちの新築では神道、なんてのがザラ。
ほんと宗教に対して寛容です。

この寛容さこそヤオヨロズの神様をみとめる神道ならではなのかなと思ってしまいます。

やおよろずー八百万、すなわちその辺の石ころから海、山といった自然にすべて神様を見出し、世間を騒がせた極悪な死刑囚だって死ねば神様としてまつっちゃう。見境ないほどの寛容さ。

でもこういう寛容さ、おおらかさがあるからこそ、我が国では神様をめぐる争いもさほどおこらないのではないでしょうか。
なによりも神道の神様たちってのは大酒飲みだったり、みさかいなく女性をくどいたり、とっても人間的なんですよね。



なんてことを、自分自身はとあるお寺の檀家である私、思ったのでした。

渡波の海の神様、どうか荒ぶらず、みんなをたのしませてくれますよう。
かしこみ。かしこみ。

Posted by 石巻スポサポ at 11:28 | 思う | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
スポンサードリンク

このブログをSNSで紹介
スポンサードリンク