• もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
やまじ
保存決定 (09/15) 石巻スポサポ
川開き東日本大震災供養 (08/16) やまじ
川開き東日本大震災供養 (08/09) 石巻スポサポ
元日風景 (01/13) 七海
元日風景 (01/10) 石巻スポサポ
かんけい丸カレー出店 (01/08) じゅみこ
かんけい丸カレー出店 (01/03) 石巻スポサポ
びっくり 雹が降ってきた (11/03) ノルディックミネちゃんこと嶺岸 昭
びっくり 雹が降ってきた (11/03) 石巻スポサポ
ご苦労さんでした (10/11)
最新トラックバック
ブログをご覧の皆様へ [2011年03月31日(Thu)]



はじめまして。



当ブログ、『爆心地から 〜 がんばろう石巻』を主に更新している、石巻スポーツ振興サポートセンターアシスタントクラブマネジャーのGと申します。

まずは、今回の大震災に被災された方に、お見舞い、お悔やみを申し上げるとともに、ご支援ご助力いただいている全国のたくさんの皆様に、心から、厚く御礼申し上げます。







3月21日、私の自宅の光回線がなんとか復旧いたしました。法人のホームページは、サーバーが津波で流されてしまい、未だ復旧の途中なのですが、少しでも被災地・石巻の現状を知っていただきたく、本ブログにて状況をご報告していきたいと思います。




合併前の旧市内は、津波の直撃を受けた地区はともかく、電気・水道の復旧がかなり進み、
復興へと動き出しております。


おかげさまで、自衛隊、全国の消防・警察などに駆け付けていただき、物資運搬、遺体引き揚げ、などに奔走してもらっている姿を毎日見ます。

また、支援物資についてもありがたいことにたくさんいただきました。

おかげで、旧市内の避難所では、食料、衣類、毛布については余り始めている状況です。

一方、商店街や住宅は壊滅的で、皆さん町の明かりを消さないよう、連日必死で、ヘドロをはき出し、瓦礫を撤去しようとしております。


もし当地を支援しようと考えてらっしゃるご奇特な方がこのブログをみておられたら、現在旧市内地域では、食料よりも、スコップ、長靴、ゴム手袋、作業着、ごみ袋、ブルーシートといった作業道具を切実に必要としております。





一方、北上、牡鹿、雄勝などといった半島・沿岸部では、過疎集落が点在していることもあり、未だに食料、飲料水、衣類といった、生きるのに最低限必要な物資が十分いきわたっているとは言えません。


このような集落では、電気の復旧ですら一年以上先と言われており、生き残った皆さんは、地域の消滅を本気で心配しております。

皆さんが最も不安なのは、「国や企業は、石巻でいえば旧市内部などばかりを注目し、自分たちは忘れ去られるのではないか」、ということ。


ここ数日、首都圏の報道では、放射能を多く取り上げる一方、津波被害に裂く割合が減ってきているそうですが、どうかどうか、未だゴールの光が全く見えない、大津波被害地にも関心を持ち続けていただけるよう、お願いいたします。



当地の様子については、分かる限りお答えしますので、ご質問などある方は、コメント欄かメール info@i-support.or.jp にてお知らせください。




最後に、当法人理事長は、自宅が流され、現在も避難所で寝起きしており、避難所のリーダーとして日々奮闘してながら、ふるさと石巻の復興に積極的に動いていることをご報告申し上げます。



Posted by 石巻スポサポ at 20:01 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
爆心地から26 〜自動車入手 [2011年03月31日(Thu)]
2011.3.21

宮城県石巻市 中里



水道、ガス、不通。


咳が相変わらずひどい。









大津波時、NPO事務局近くに止めてあった我が愛車は、目の前を、太平洋か、川の上流か、流されていき、現在も発見に至っていない。


自宅車庫に止めてあった母の車も、メーターを超える水位に3日間没しており、廃車である。


車両保険も、戦争や地震津波の被害には適用されないらしく、暗い気持ちになる。








大津波発生当初、自転車を一時借りるのに汲々としていたのに比べてぜいたくな悩みだが、石巻のような町では、自動車がなくては復興のための動きもままならない。

各方面問い合わせ、母方の叔父さんの同級生という方が自動車を扱う仕事をしており、ちょうどリース明けで返却しようとしていたワゴンRを譲ることができるという。

中古車業者の仕入れオークション市場自体高騰しているらしく、けして安い買い物ではないが、この期に、いち早く車を入手できるのは幸運だ。


前日譲渡を依頼した車は、この日の昼前には我が家にやってきた。

走行距離も3000kmと少なく、いい値段だけあって装備もそれなりに充実している。


ただ、義弟が支援に来るのに苦労して居るように、東北地方全体深刻なガソリン供給不足で、いざというときのために、極力動かさないでおこうと思う。













午後、ふとPCを立ち上げてみると、インターネットにつながった。


これでいろいろな情報入手が楽になる。また新たな復興のための重要ツールを取り戻した。




大津波被害の特に酷かった地域のひとつ、石巻の現実を少しでも知っていただきたいと考え、ブログを更新していこうと決める。

名前も、旧タイトルから、『爆心地から 〜 がんばろう石巻』と変更した。


Posted by 石巻スポサポ at 08:46 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)
| 次へ
スポンサードリンク

このブログをSNSで紹介
スポンサードリンク