• もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
やまじ
保存決定 (09/15) 石巻スポサポ
川開き東日本大震災供養 (08/16) やまじ
川開き東日本大震災供養 (08/09) 石巻スポサポ
元日風景 (01/13) 七海
元日風景 (01/10) 石巻スポサポ
かんけい丸カレー出店 (01/08) じゅみこ
かんけい丸カレー出店 (01/03) 石巻スポサポ
びっくり 雹が降ってきた (11/03) ノルディックミネちゃんこと嶺岸 昭
びっくり 雹が降ってきた (11/03) 石巻スポサポ
ご苦労さんでした (10/11)
最新トラックバック
爆心地から25 〜理事長宅発見 [2011年03月30日(Wed)]
2011.3.20

宮城県石巻市 中里〜門脇町



水道、ガス、不通。


夜の咳が酷くなっている。





前日の夕方、町内の人の間で電気が通るという噂が走った。

暗くなり、ランタンの明かりで食事をしながら諦めていたところに、東北電力の方が玄関に来て、今夜中に電気が復旧するという。 ただし、夜中にかかるかもしれないため、通電は各自行ってくださいということで、安全上の説明をしていってくれた。


母、理事長の娘と三人とも、一気にテンションが上がり、楽しみだね、と会話もはずむ。

明日の朝には電気がついてるね、と、休もうとして戸締りに外を見ると、はす向かいの家の窓が明るい。


ドキドキしながら、我が家もスイッチを押してみると、ついた!


何日ぶりの電気の明かりだろう。

電灯とはこんなにも明るかったのかと、素直に感心する。







電気の復活した朝を迎え、この日は、リビングの絨毯や、座敷の畳を外した。

絨毯からはまだ汚水が滴り、畳は水を吸って信じられないくらい重い。







力仕事だが、電気復旧という明るいニュースに体はよく動く。










一息付いていると、理事長から電話があった。

自宅周辺を歩いてみた理事長の娘が、基礎を残して何もなくなっていた家の一部を発見したという。

まだ、何かを回収できるかもしれないので、これ以上荒らされないよう、窓などを板と釘でふさぎたい、ということだった。



さっそく自転車でNPO事務局へ行き、理事長と合流してふたりで、門脇町へ。



多方面に奔走する彼も、声は涸れ、顔は熱っぽく、一気に老けこんだように見える。

このままでは絶対に倒れてしまうと心配する。







瓦礫の撤去されていない川沿いの道を、家の残骸をくぐり、乗り越えながら進む。

日和山から俯瞰していた現場は、降り立って間近で見ると、やはり酷いものだった。










瓦礫の中から見つけた遺体を運び出す姿も見える。









本来の住所から、直線距離で300m以上はなれた菩提寺・西光寺の境内で、理事長宅の2階部分が瓦礫の上にのっかっていた。







画像の青い屋根が理事長宅-だったもの-である。





窓を板でふさぎたかったが、写真の通り足場が悪く、釘も壁にうまく打てず、棒きれでおもちゃのようなバリケードをこさえて、その日は帰った。

Posted by 石巻スポサポ at 20:10 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
爆心地から24 〜ガッツだぜ!! [2011年03月30日(Wed)]
2011.3.19 

宮城県石巻市 中里〜NPO事務局


水道、ガス、インターネット、不通

docomo回線がつながる。夜、電気が復旧。


咳がとまらない。







早朝、母が再び応援に来てくれた。

JR仙石線は復旧の見込みがまったく立たず、バスに乗るにも前の晩から並ぶ状態のところ、母もバス待ちの行列中、通りかかった貴重なタクシーを見つけ、即手をあげて、同じバス待ちの列の見知らぬ人々から同方向の乗り合いを募り、乗ってきたらしい。4人で割って、一人5000円弱だったという。

我が母ながら、行動力がある。



また、家が流された理事長の娘も、この日から我が家に避難してきて、片づけをいろいろと手伝ってくれた。










母の行動力で、片付けはどんどん進む。

小学校のプールから、洗い物用の水をつぎつぎ汲んできては、汚水にまみれた家財をザっと洗っては、庭に出して干していく。





こんな時だからこそ文化を大事に。趣味の映画のパンフレットも、水にぬれて重くなっていたが、並べて干していった。







電気よりも固定電話回線がさきに復旧したらしく、この日電話の呼び出し音がたびたびなる。

黒電話ならもう使える状態なのだろうが、コンセントにさす今どきの電話では、呼び出し音に受話器を取っても何も聞こえない。

黒電話含め、今回、いたるところでアナログの底力というのを痛感した。


何も聞こえない電話だが、呼び出し音だけでも、だれかが気にかけてくれているのだと、大いに励まされる。







溶けた冷凍庫の食材を整理しつつの昼食。



キャベツたっぷりぺペロンチーノに焼き餃子。

水道も電気もない中なかなかの仕上がりである。





つくったパスタを差し入れにタッパーに詰め、NPO事務局へ向かった。





家がすっかりなくなり、避難所では連日他の被災者の世話に忙殺される理事長だが、早くも事務所の復旧に精を出している。




Posted by 石巻スポサポ at 08:54 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
爆心地から23 [2011年03月30日(Wed)]
2011.3.12 12:43

宮城県石巻市 中央一丁目〜日和山




















































Posted by 石巻スポサポ at 08:43 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
スポンサードリンク

このブログをSNSで紹介
スポンサードリンク