• もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
やまじ
保存決定 (09/15) 石巻スポサポ
川開き東日本大震災供養 (08/16) やまじ
川開き東日本大震災供養 (08/09) 石巻スポサポ
元日風景 (01/13) 七海
元日風景 (01/10) 石巻スポサポ
かんけい丸カレー出店 (01/08) じゅみこ
かんけい丸カレー出店 (01/03) 石巻スポサポ
びっくり 雹が降ってきた (11/03) ノルディックミネちゃんこと嶺岸 昭
びっくり 雹が降ってきた (11/03) 石巻スポサポ
ご苦労さんでした (10/11)
最新トラックバック
爆心地から19 [2011年03月28日(Mon)]
2011.3.12 12:24

宮城県石巻市 中央一丁目














































どこもヘドロが10cm近く堆積している。











Posted by 石巻スポサポ at 21:47 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
爆心地から18 〜人の暖かさ [2011年03月28日(Mon)]
2011.3.16

宮城県石巻市 河北町相野谷



=画像無し=





前の日、北上から河北の伯父さん方へ戻り、お言葉に甘えてそのまま一泊させていただいた。

夕食には、暖かい白いご飯、味噌汁に、商材の肉類を焼いたものまでごちそうになった。

久々の暖かい食事が身にしみる。



夜は、自分たちは炬燵で寝るからといって、寝室と布団を貸してくれた。





翌朝、新聞が来た。

大津波の翌日から来ていたそうだが、とても意外な感じがした。

もう新聞もテレビも、世界も止まっているのだとばかり思っていた。




紹介していただいた自転車店でパンクを修理してもらい、近くの商店を覗いてみると、カップラーメンや電池などはやはり売り切れていたものの、野菜を中心に豊富な品ぞろえで、止まったレジの代わりに電卓を使ってひっきりなしに訪れる客に品物を販売していた。


急な値上げなどをした様子もなく、従業員の方みな、地域の方々のために一生懸命品物を提供する姿勢がとても好ましかった。




帰り際、けっこうな勢いで雪が降ってきた。

福島原発が津波でやられ、雨雪には放射能が多く含まれるから濡れるなという。

こんなときに帰るのはやめてもっと泊っていけというのを、感謝しつつ断っておいとまする際、帽子や手袋を貸してくれたうえ、たくさんの食料品までもたせてくれた。


人の優しさを、しみじみと感じる河北での休息だった。





本降りの雪の中、自転車での帰り道だが、パンクも直り、なにより探し人が見つかっている足はとても軽い。



自宅へ到着し、自転車を貸してくれたイギリス人に厚くお礼を申し上げ、そのまま石巻高校の避難所へ向かった。



避難所でリーダー役を忙しそうにしていた理事長に、探し人の無事を伝えると、普段は頑固で気難しい彼が、泣きながら喜んでくれた。













Posted by 石巻スポサポ at 20:30 | 爆心地から | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
スポンサードリンク

このブログをSNSで紹介
スポンサードリンク