CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 成果物 | Main
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
村上健太郎
Tシャツアート展始まりました! (05/10)
村上健太郎
Tシャツアート展終了しました (05/10)
waka
春です(*^^*) (03/23)
アビリティーセンター事務局
第20回漂流物展 (02/16)
最新トラックバック
月別アーカイブ
気仙沼でTシャツワークショップ! [2012年08月01日(Wed)]
はじめまして!気仙沼Tシャツアート展実行委員会のyoohです。

7月29日に、気仙沼店で開催された‘‘響け!!~打楽器の港まつり‘‘というお祭りに、Tシャツアートワークショップで参加してきました!

その名も‘‘<お・ぶ・せ>と<か・ら・く・わ>をつなごう!しりとりTシャツワークショップ‘‘というもの。砂美とはTシャツつながりで縁の深い、信州は小布施の‘‘Tシャツ畑‘‘から始まったこの企画、Tシャツに描いた絵でしりとりをしよう!というもの。

当日はとっても暑い日でしたが、たくさんの皆さんに参加してもらいました!

IMG_3728.JPG

IMG_3891.JPG

IMG_3815.JPG
おとなもこどもも真剣!

IMG_3834.JPG

IMG_3910.JPG
小布施からはるばるやってきたしりとりマップの前で記念撮影!

しあがったTシャツたちは、気仙沼Tシャツアート展第1弾として8月4,5日に気仙沼市唐桑町で開催される‘‘唐桑Tシャツ海岸‘‘でひらひらします!!美しい海岸に続く松林の間にひらひらするTシャツたち...どんな景色になるのかいまからとってもたのしみです!
Posted by 村上健太郎 at 15:52 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画@池公園の土曜市・高知オーガニックマーケット [2012年03月15日(Thu)]
昨年11月と今年2月の2回、高知市にある池公園で開催されている土曜市高知オーガニックマーケットへ参加させてもらい、『かきくけこ計画』をみなさんに紹介しました。

黒潮町にも海辺の日曜市というマーケットがあります。
毎月第2日曜日に開催しているマーケットですが、こちら池公園のオーガニックマーケットは、毎週土曜日開催。有機農産物と安心安全な加工食品などを生産者さんが直接販売しています。
マーケットつながりで黒潮町のスタッフさんともお知り合いが多数(^^)
そのご縁もお借りして念願のオーガニックマーケット参加となりました。


まずは昨年の11月11日の様子をご紹介。
11.11.3.JPG

まずは『かきくけこ計画』とは何かみなさんに知ってもらうことがスタート


11.11.1.JPG
興味を持った方やこどもたちが寄ってきてくれました♡

高知市内にも原発から避難してこられた方がいました。
やはり小さなこどもさんを持ったお母さん。
「現地での生活がどんなに不安か・・・一方の高知はいい所ですね」という声。


11.11.2.JPG
高知オーガニックマーケットバージョンカツオ元気T第一弾!!


続いて、今年に入って2月11日の様子。

2.11.1.JPG

梅も開花し春が近づいているなぁというのを実感し始めた頃。

2.11.2.JPG

晴天だけど肌寒い…。そんな日でしたが、たくさんの方がマーケットに来られました。

2.11.3.JPG


「前にやっているのを見たのに参加できなくて、次こそはって思ってました」
そういって参加してくれた方もいてうれしかったです。
この日もたくさんの方が元気なカツオTシャツを仕上げてくれました。


2.11.4.JPG

こないだまで砂美のスタッフだったきんちゃん夫妻も来てくれました。
カツオの横をニタリクジラが泳いでいる楽しいTシャツ。さすがクジラマニアです(笑)



こうして2回お邪魔させていただきました。

この高知オーガニックマーケットは、海辺の日曜市が取り組んでいる
『1%プロジェクト』にも参加してくれています。
「お知らせ平成24年度のかきくけこ計画について」でも報告しましたが、
『かきくけこ計画』と『1%プロジェクト』は今後協同して気仙沼を応援していきます。
どちらもオーガニックマーケットのみなさんには大変お世話になり、ご協力いただいています。
本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

そして、今月3月31日、高知オーガニックマーケットは4周年を迎えるそうです。
おめでとうございます!!
その日はなんと4周年記念感謝祭として、各地のマーケットから出店者さんが来るとか。
もちろん海辺の日曜市からも(^−^)そしてかきくけこ計画もまたお邪魔します。

ぜひみなさん、どうぞ遊びに来てくださいね〜。
Posted by 村上健太郎 at 23:38 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
高知大丸でカツオ元気Tシャツを集めました! [2012年02月26日(Sun)]
高知のデパート・高知大丸。
2月25日(土)、26日(日)の両日、
気仙沼Tシャツアート展にむけてカツオ元気Tシャツを集める活動と、
売上が気仙沼Tシャツアート展の運営費となる”応援Tシャツ”の販売にご協力いただきました。


ショーウインドウにTシャツを大きく掲示↓
P2250109.JPG

カツオ元気TとオーガニックコットンTシャツを並べて展示しました。
ちょうど作品募集期間中だったため、本家TシャツアートもPRさせていただきました。

P2250112.JPG

これは”応援Tシャツ”。
昨年のTシャツアート展で東北応援Tシャツとしてさまざまなアーティストの方々に
デザインをいただき制作したTシャツのうち、一部を販売用につくりました。

梅原真さん
酒井敦美さん
あべ弘士さん
黒田征太郎さん
本橋成一さん

以上の5名の方の作品です。サイズは子ども用から大人用まで。
GWのTシャツアート展でも販売予定です。

このTシャツの売上はすべて気仙沼Tシャツアート展の運営費にさせていただきます。


P2250138.JPG
参加してくれたみなさんをご紹介(^^)
FIGHT KESENNUMA!


P2260153.JPG
いつものGWのTシャツアート展にも参加してくれている仲良し親子♡


P2260164.JPG
同級生のお二人です。
久々の再会(?)でこうして仲良く写真を撮って、いいですね〜。



ほかにもご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!

そして、高知大丸のみなさま、大変お世話になりありがとうございました。
例年Tシャツアート展のPRもしていただき、さらに今回は突然お願いしたにも関わらず
対応してくださりとても感謝しています。
     

そして、さらに★★
高知大丸さんでは、
4月27日(金)〜5月5日(土)GOLDEN WEEK FESTIVALとして
Tシャツアート展とのコラボ企画を開催してくれます!!


Tシャツの販売や、カツオ元気Tシャツのを予定してくれていますので、
高知市近郊で「残念だけど黒潮町へ行けないわ〜」という方はぜひ、
高知大丸へお立ち寄りください!
Posted by 村上健太郎 at 23:51 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
お知らせ 平成24年度のかきくけこ計画 [2012年02月17日(Fri)]
かきくけこ計画にご協力いただいたみまさま、
カツオ元気Tシャツにご参加いただいたみなさまへ

昨年は気仙沼応援プロジェクト『かきくけこ計画』の活動にご協力いただき、
ありがとうございました。

昨年5月からスタートした『かきくけこ計画』ですが、同じ黒潮町で海辺の日曜市を開催しているまちづくりマーケットの『1%プロジェクト』と協同し気仙沼応援プロジェクトを進めていくことになりました。昨年12月に高知県の「H24年度NPOと行政の協働事業」の震災対応助成金事業に採択いただき、平成24年度以下の2つを気仙沼の人たちと実行する計画です。


●気仙沼Tシャツアート展

 “かつおTシャツ・きたへ向かって・くろしお発・けせんぬま行き・こころはひとつ!”
  このキーワードで誰もが笑顔になり元気になるTシャツアート展を開催します。

●気仙沼版海辺の日曜市

 災害時にも地域の人々の交流・にぎわいの場となり、強いコミュニティづくりに重要となる
 “小さな経済”。気仙沼でそうした場をつくる「市(マーケット)」の開催を応援します。  


『かきくけこ計画』では、昨年300枚のカツオ元気Tシャツを集めることができました。
ひきつづき気仙沼に届けるTシャツを集めていきます。

1.JPG



『1%プロジェクト』では日曜市に来られる方に買い物の1%、出店者に売り上げの1%の募金をお願いしプロジェクト基金とする取り組みを続けていきます。

また、5月2日〜6日に高知県黒潮町入野の浜で開催致します「第24回Tシャツアート展」
このTシャツアート展では、これまでに集まったカツオ元気Tシャツをすべて展示します!
また会場ではカツオ元気Tシャツ集めも行います。多くの方のご参加をお待ちしています。
みなさまお誘いあわせの上ぜひ会場へお越しください。

3.JPG

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


気仙沼応援プロジェクト 『かきくけこ計画×1%プロジェクト』(仮称)実行委員会事務局
Posted by 村上健太郎 at 16:37 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画に参加していただいた元気人を紹介します [2012年01月22日(Sun)]
かきくけこ計画にはたくさんの方が参加してくれています。
カツオTシャツに参加して元気を注入してくれた方。
イベントでのTシャツ集めにボランティアでお手伝いしてくださった方。
このプロジェクトに賛同し広めてくれている方など・・・。

気仙沼でのTシャツアート展にむけて一緒にがんばってくれているみなさんをご紹介します。
(※みなさんご紹介できればいいのですが…都合により一部の方のみご紹介しています。ご了承ください)


元気人@ 旭ヶ丘幼稚園のみなさん(岐阜県関市)

第23回Tシャツアート展で大賞を受賞した墨美花ちゃん。
美花ちゃんの通っている旭ヶ丘幼稚園のみなさんが「カツオTシャツで気仙沼へ元気を届けよう!」とカツオTシャツに参加してくれました(^▽^)! 

なんと総勢60名!

保護者のみなさまや幼稚園の先生方にご協力をいただき、たくさんの元気なカツオTシャツが届きました。

平成23年10月にみんなで布クレヨンをもってお絵かき♪♪
こどもたちはやっぱりお絵かきが大好きで、楽しんでくれたようです。その後、数回のお絵かきでカツオTシャツを仕上げてくれました。

そして、平成23年12月には幼稚園の園庭でTシャツアート展!
一人一人が心を込めて仕上げた作品。「広い空の下、元気がつながりますように」とみんなの想いが一つになりました。このTシャツたちは、今年の第24回Tシャツアート展で展示されます。

その後必ず気仙沼へお届けしますからね〜。

たくさんの元気をありがとうございました!!!

Tシャツ作成の様子などは旭ヶ丘幼稚園のHPにアップされています。(幼稚園アルバムから見られます)



元気人A 大方中学校元気会のみなさん(高知県黒潮町)

平成24年1月、地元黒潮町の大方中学校(おおがた)の元気会のみなさんが、震災復興支援のために集めた募金58,982円を寄付してくださいました!どうもありがとうございました!!

これは”元気ん”として、気仙沼でのプロジェクトをおこなう際の運営費とさせていただきます。大方中学校元気会では、震災後数回にわたり道の駅ビオスおおがたなどで募金を集める活動をされてきました。「なにか自分たちにできることをと始めた活動ですが、それが縁のある気仙沼のためになれば」と、今回この気仙沼∞黒潮逢縁プロジェクトに寄付することを決めてくれました。

実際にプロジェクトを行うときにはぜひ中学生も連れて行ってほしいと校長先生もおっしゃってくれて…、大変心強い応援をいただきました。うれしいです。

地元の中学生たちの思い、募金活動に協力してくれたみなさんの思いを大切にお預かりしています。本当にありがとうございました!
Posted by 村上健太郎 at 10:55 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画@第6回新来島どっく感謝祭 [2011年11月06日(Sun)]
2011年11月6日、愛媛県今治市にある造船会社・新来島どっくさんのイベント「感謝祭」で
カツオ元気Tシャツを集めました。

このきっかけをつくってくれたのは、今治市在住で一番の”元気人”Shinさん。
このとき砂浜美術館は「潮風のキルト展」開催中でうかがえなかったのですが、Shinさんが新来島どっくのみなさんと一緒に、イベントでカツオ元気T集めをしてくれました。

Shinさん、いつも応援ありがとうございます。
だけでなく、こうして積極的に活動しかきくけこの輪を広げてくださり感謝です!

そして、新来島どっくのみなさま。
かきくけこ計画に快くご協力いただきまして、本当にありがとうございます。


会場は愛媛県今治市大西町にある新来島どっく大西工場。
当日はあいにくのお天気でしたが、4000人余りの方が訪れました!


11.6.1.JPG
広い会場内。
模擬店やイベントコーナーがたくさんあるなかで、
イベント会場Vに登場した『かきくけこ計画』。



11.6.2.JPG

11.6.3.JPG
「がんばろう」や「FIGHT」の力強い文字。
こどもから大人まで約50名(すごい!)が参加してくれました。

11.6.4.JPG
今治のゆるキャラ・バリィさんを上手に描いた男の子。
ちなみに…バリィさんはタオル生地の腹巻をした今治育ちのトリだそう(^^)


11.6.5.JPG
スタッフとして活躍してくれたお二人と
この日集まったカツオ元気Tシャツたち♪

造船業をしている新来島どっくさんは、
「海・船に関わる仕事をしている者として心意気を見せなくては!」
そうおっしゃってくれました。

こうして人と人がつながっていくって、とても素敵なことだなあと実感。
そして、こんなつながりこそが大切だと思います。

このつながりを通して、震災のことを忘れず想う機会がまたひとつできました。

Shinさん、新来島どっくのみなさん、さらに今回サポートしてくださったみなさん。そしてそして、カツオ元気Tづくりに参加してくださったみなさん。

どうもありがとうございました!!
Posted by 村上健太郎 at 23:32 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画@第8回土佐さがのもどりガツオ祭2011秋 [2011年10月22日(Sat)]
毎年恒例となった黒潮町佐賀のもどりガツオ祭。
日本一のカツオ船団を持つ町で、今が旬のもどりガツオを楽しもうというお祭りです。

カツオの一本売りから重量当てクイズ、餅投げなどの催しがあり
町内、幡多に限らずおいし〜い出店がたくさんあり、楽しかったです♪

あいにくの天気にもかかわらず、たくさんの方がカツオを求めてやってきてくれていました。

カツオのつながりからスタートした、『かきくけこ計画』カツオ元気Tシャツ。

もちろんこのお祭りにも参加してカツオを集めました。

黒潮町佐賀には気仙沼へ行っている漁師さんも多くいるし、そのご家族もいます。
カツオつながりで多くの方に知ってもらえたら、と今回も参加した様子をご紹介します。



カツオの藁焼き!!
お祭りスタート前に漁師のおんちゃんたちが一生懸命焼いてました。
いい匂い〜〜(^^)


katsuo_2.jpg
恒例(?)のブースの様子もご紹介。
砂浜美術館ブースでカツオ元気Tシャツを集めました。


katsuo_3.jpg
仲良し女子3人が”カツオごちそうさま”を仕上げてくれました。
「ぜんぶおいしくいただきました(笑)」
という声が聞こえてきます。
箸袋がかきくけことなっている素敵なアイディアでした。


katsuo_4.jpg
おばあちゃんとお孫さん。
本当に仲が良くて、見ているこちらも笑顔になりました。
おうちが漁師さんで「気仙沼にも行ってたよ」
と話してくれました。


katsuo_5.jpg
小学校1年生の男の子と、2年生の女の子。
男の子はあっという間に描きあげ
女の子はじっくりゆっくりの仕上げでした。


katsuo_6.jpg
祭の最後にはフラダンスや餅投げで盛り上がりました。
たなびく大漁旗が素敵な風景です。

時折、激しい雨風が打ち付けるおかしな天気の一日でした。
そんな中ですが、参加してくださったみなさん。ありがとうございました!
カツオ祭の会場なだけに、みなさんと「カツオ食べた?まだ?」などカツオ話ができました。

さて。。。みなさんはカツオ学会というのをご存知ですか?
カツオの価値を見直しカツオと上手に付き合っていく方法を探っていこうという目的で
昨年黒潮町で日本カツオ学会は発足しました。
つい最近HPができたようなので、ぜひのぞいてみてください。
Posted by 村上健太郎 at 16:16 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画@松山モードフェス2011 [2011年10月10日(Mon)]
8月の復興支援イベントにお邪魔した松山市の大街道商店街

またお声掛けいただいて、商店街で開催の「松山モードフェス」というファッションショーイベントに参加してきました。


今年で4回目というこのイベントは、モードというだけあってたくさんの若い人たちが目立ちました。お客さんも運営スタッフもおしゃれで素敵な方々が。

「そんなおしゃれさんたちにはどうみられるだろう〜?」

とドキドキでしたが、楽しい1日となりました☆

その様子をご紹介します。



■砂浜美術館ブース

早朝4時30分に黒潮町を出発。。。気合いです!
黒潮町からカツオのぼりを拝借。
どこに行くにもカツオとTシャツは必需品です。
だいぶブースの作り方も慣れてきました。

2.jpg

3.jpg
■ジーンズ工房大方ブース

今回は黒潮町からもうひとつ出店が。
じぃんず工房大方さんです。
じぃんず工房さんは、黒潮町で40数年にわたって
ジーンズを専門に作り続けてきました。
2009年にファクトリーブランドisa(イサ)をスタート。
砂浜美術館スタッフみんなが愛用しています。


4.jpg
■ステージの様子

ファッションショーが行われていたステージは
近づいて一生懸命背伸びしないと見えないくらいの人だかり。
メディアの取材もあり、とってもにぎやかでした。

5.jpg
■カツオ元気T塗り絵中

お二人とも、「クレヨン持つのいつ以来だろう」
と言ってからはもくもくと・・・
柔らかい感じの素敵なカツオTに仕上げてくれました。


6.jpg
■黒潮町よく行ってました

「サーフィンが好きでよく黒潮町へ行ってました」
という方に出逢えました。
この男の子はクレヨンさばきが豪快で
かきくけこハンコを押す時も
すごい勢いで”ズバッ!”と決めてくれました(^^)


7.jpg
■みかんの故郷より

「やっぱり一時だけの支援で終わって忘れちゃだめですよね。そう思ってました」
そう言ってとてもあたたかい気持ちをTシャツに詰め込んでくれました。


8.jpg
■元気人の傑作

砂浜美術館やかきくけこ計画の活動など
いつも応援に駆けつけてくれるShinさん。
この日も来てくれました。
そして夜な夜な作ったというかきくけこキャップ!
かわいいでしょう〜?
Shinさん、ありがとうございました。

今回も参加してくれた、たくさんのみなさん。

どうもありがとうございました。
Posted by 村上健太郎 at 15:48 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
かきくけこ計画@はたフェス [2011年09月24日(Sat)]
「幡多をみんなで盛り上げていこう!」
というお祭り、【はたフェス】に参加してきました。

hatafes.jpg

幡多地区の市町村、団体、いろんな人が集まっての初めての大規模なイベント。
どのくらい人手があるのかな〜と思っていたら、なんと!
2万人のお客さんだったそうです。

その日の様子をご紹介(^^)

9.24.01.jpg
■黒潮町ブース

今回出展したのは主町村ブースの並ぶSUNエリア。

黒潮町ブースの中で
カツオのタタキ体験隊さん
黒潮町雇用促進協議会さん
ニコの種さん
たちと一緒に参加しました。

テントの前には「ようこそ黒潮町」
というのぼりとともにTシャツひらひら〜。


9.24.02.jpg
■餅投げ

よその方からすると
「なんでそんなに餅投げする必要があるの?」
と不思議がられるほど行われる餅投げ。
もちろん大変盛り上がりました(笑)

ステージでは音楽やダンス、クイズなど
常に何かが行われていてにぎやかでした。


9.24.03.jpg
■カツオ元気Tに参加してくれたみなさん

今回もたくさんの方がご参加くださいました。
まずは愛知から3連休に帰省中だった男性と彼女。

「おととし、Tシャツアート展にも応募したんです!」

と声をかけてくれました。

二人の合作は芸術的なカツオTになりました。


9.24.04.jpg
■お隣の土佐清水市ブースにいた熱い男性

気仙沼にパワーを送る様子です。
色に、そして体で、その熱い思いを表現してくれました。


9.24.05.jpg
■気仙沼市出身のお母さんと、その息子さん

今もおばあちゃんが気仙沼にいらして

「このTシャツがおばあちゃんのいるところへ行くんだよ〜。すごいね〜。」

「どんな子に届くかな?男の子やと思う?女の子やと思う?」

と話しながら色を塗ってくれました。

すべて紹介しきれませんが、ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!!

これまでに集まったカツオ元気Tシャツは180枚です。

これからも気仙沼の様子を見守りつつ、少しずつTシャツを集めて計画の実現を目指します。
Posted by 村上健太郎 at 15:36 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
気仙沼に行ってきました そのB [2011年09月14日(Wed)]
9月10日(日)


午後、気仙沼市で活動しているNPOネットワークオレンジさんを訪ねました。
障がい児童者が地域の中で安心して暮らせる環境づくりと
障がいのある人もない人もみんなで
まちづくりに携われるような地域づくりを目指して活動されている団体です。

つある事業所のうち2か所が被災した後も、事務所を移転し活動を続けていて
気仙沼に行ったら訪ねてみたいなと思っていました。


■ネットワークオレンジ

お会いした小原さんは
阪神大震災で被災した神戸の方が言っていた
”自分たちが住んだ町はもうない”
ということの意味が分かりました」
とおっしゃっていました。
震災後、自分たちの町の様子を忘れてはいけないと
目で見て、肌で感じて記憶しておくために
泣きながら町を歩いたそうです。

9.10.08.jpg
■共に創ろう!!気仙沼

オレンジの事務所でこの合言葉のTシャツなどが販売されていました。
みんなが今復興へ向かって動き始めています。

オレンジさんでは気仙沼マルシェという市を開催する予定だそうです
(8月にも一度開催)

町をみんなでつくろう
みんなが参加する場をつくろう
という動きです。

私たちと同じように
マーケットやそれを通じてできる人との
つながりの大切さ・あたたかさを大事にしたい
という思いを持たれているようなので
高知からも何かお手伝いできないかな・・・と考え中です。

9.10.07.jpg
■RQ市民災害救援センター唐桑

今もいろんなところからボランティアさんが入って活動しています。
気仙沼市唐桑にあるその拠点を訪ねました。
RQ市民災害救援センター

9.10.09.jpg
■アクリルたわし


9.10.10.jpg
■リフレッシャー(におい袋)

小さな手仕事が、RQ女性支援センターで始まっていました。
漁業・農業に携わっていたお母さんたちは仕事場を失って
今仮設住宅でやることがない日々を送っています。
(気仙沼市は漁業にかかわる方が7割だそう)

そこで

「小さな手仕事からでも始めよう!そこからまたがんばっていこう」

ということでアクリルたわしとリフレッシャーつくりが始まったそうです。


9.10.11.jpg
■偶然出会った気仙沼帆布のバッグ

RQ市民災害救援センター唐桑でボランティアをしていた大阪の女性が
かわいらしいバッグを持っていたので
「それどこの?」
と聞いてお店にむかいました。


■GANBAARE株式会社のギャラリー縁(えん)
 帆布かばん

震災でシート工場や縫製工場の仕事を失った職人さんが集まり
デザインから縫製まで技術を持ち寄って作った製品がたくさん並んでいました。
小さなポーチからトートバッグ、前掛けなどいろいろ。

そこには”気仙沼”の文字が。

気仙沼の復興を信じて。

自分たちの町を大切に思い
その思いを忘れることなくつくり続けていこう。

そんな職人さんの心持に感動し
バッグを黒潮町に連れて帰りました。

外からのパワーでイベントや復興にむかう作業を盛り上げるまたは後押しする動きもありますが

同時に被災地の中から復興へ向かうパワーがしっかりと出てきているのを感じました。

もちろん、”できることから””一歩ずつ”ですが、頼もしい強いパワーです。

動画はこちら
・「気仙沼に行ってきました そのA
・「気仙沼に行ってきました その@
Posted by 村上健太郎 at 14:07 | 気仙沼Tシャツアート展 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ