CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年03月17日

第7回すみかサロン報告

去る3月14日、第7回となるすみかサロンを開催しました。
参加者は全部で22名、
今回は「障がいを持つ人の『きょうだい』のこと」というテーマで、
2名の方に話題提供をしていただきました。

まず、11才差の弟さんが障がいをお持ちという古賀隆浩さんからは、
弟さんがいてよかったということがたくさん話されました。
・弟のおかげで、障がい児・者に対する偏見がなかった。
・親からは分け隔てなく育ててもらえたと思う。
・弟がいてくれたおかげで、母親が「教育ママ」ではなくなった。
・真ん中の妹さんは、弟が受ける周囲からの視線がイヤだったそうだ。
・(現職が居宅介護事業所なので)
 ヘルパーとして支援に入ると、きょうだい児が親に対する不満を漏らす。

次に、4才差の弟さんが障がいをお持ちという徳淵彩さんからは、
古賀さん同様良かったというお話と共に、寂しかったという話も聞かれました。
・最初は弟の障がいのことがわからなかった。
・ひかり園(障がい児の通園施設)へ行っている時は、
 学校から帰っても家に誰もおらず寂しかった。
・弟が大変だから、自分のことは我慢しなきゃと思うことも多かった。
・たまにひかり園に行くと、他のきょうだい児と遊んでいるうちに元気が出た。
・弟の成長が見れて嬉しかった。
・将来や福祉施設や特別支援学校へ就職したい。

後半は参加者の方からも感想を伺いました。
その中では、親の立場として自分の子どもと重ねて聞いたという話や、
現在子育てまっただ中で今後どのように育っていくのか不安という声が聞かれました。
また、ごきょうだいが精神障がいをお持ちという方もお越しで、
大人になってからの関わりという課題も見つかりました。

笑いあり、時には涙ありで、
ぜひ継続して取り組んでいきたいと思える良い時間になりました。


(写真:車座になって話に耳を傾ける皆さん)
posted by せりた@すみか at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

NPOブログ記事の読み比べ評価!: 介護/福祉イベント by Good↑or...
Excerpt: 「介護/福祉イベント」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による...
Weblog: NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2009-03-19 08:18