CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【新著連載】Q26 ◎強引に突き進めない | Main | 【新著連載】Q28 ◎孤独を感じてしまう»
プロフィール

佐藤聖一さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐藤聖一
新刊ラジオ配信中! (11/26)
みさ吉
新刊ラジオ配信中! (11/22)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/suguyaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/suguyaru/index2_0.xml
【新著連載】Q27 ◎自分のしていることに価値を見いだせない [2010年05月31日(Mon)]

Q27 ◎自分のしていることに価値を見いだせない

   →目の前の出来事の本当の価値には晩年に気づく


「自分がやっている仕事なんて誰だってできる単純作業」
「世界は動いているのに」「自分は能力があるのに」

私も若い頃は、飛び込み営業で商店主に軽くあしらわれたり、
ゲームのデモで子供たちに馬鹿にされたりしました。
成果も出ずに不安な日々、終電に駆け込みながら
「大学で中国経済を学んだのになぜ」と歯ぎしりをしたこともありました。

しかし思い起こせば、それらはすべて今の私に役立つ「価値ある仕事」でした。
むしろ、多くの人が憧れる「エアコンが効いたオフィスで、
経営企画や商品開発などのイカス仕事をしていたらどうなったか」
と考えると怖くなります。

それでは、人生の後半で私が気づいた価値観を持ったまま
私が学生や若手社会人に戻ったら、
どのように考えて行動するかを考えてみましょう。
1.若い頃は想像できない価値を生み出す将来の自分に期待

尊敬する師匠や先輩方によく言われたのは
「そのうちわかる」という短い言葉でした。

その後には「考えている暇があったら体を動かせ」とも言われました。
若い頃は納得できませんでしたが、今になれば、
当時の自分の視野の狭さや心配りの無さに気づいて恥ずかしくなります。

おそらく、当時の口答えは「日々くりかえす反復作業が面倒だったり嫌だった」
気持ちの裏返しだったのでしょう。

道を究める人が良く使う「守破離」という考えがあります。
まずは師匠を徹底的に真似て手足を動かし、
同じようにできるまで繰り返し繰り返し反復します。
そのうち、師匠とは別の個性も少しずつ花開いていき、
やがて自分独自の型ができるというのです。

どんな花が咲くかは若い頃はわかりません。
だからこそ、その花を自分でも楽しみにして日々鍛錬をするのが、
一番の幸せだと思うのです。

2.有名で派手な成功者よりも、無名で平凡な求道者と交流

若い頃は、メディアに取り上げられる有名なベンチャー経営者や
ファッショナブルなカタカナ職業の成功者に惹かれるものです。
そんな華やかに見える人たちと、今の地味な自分を比べては、
落ち込んで自信を失う気持ちもよくわかります。

私も師匠を探しにセミナーや勉強会に通い、達人に会いに行きました。
しかし師と仰ぎたくなる人は不思議なことに「超有名人」ではなく
「知る人ぞ知る人」ばかりなのです。

つまり「漠然と誰もがスゴそうだとイメージする人」ではなく
「具体的に私がスゴイと実感した人」から多くを学ぶことになりました。

現在は、地域おこしのお手伝いで、墨田区の町工場の職人さんや、
地方の農漁業の達人とお会いする機会も増えました。

一見すると毎日単純作業の繰り返しに見えますが、お話をすれば、
メディアに登場する有名人よりもはるかに含蓄のある言葉が返ってきます。
まさに「一隅を照らす無名の達人」こそ日本の宝だと実感するのです。

3.雑草という名前の草はない。自然界の全体調和を想像

現代人は、ついつい「動物よりは人間が」「根っこよりは花が」
「手足よりは脳が」偉いと考えがちです。
同様に、仕事においても「中小企業より大企業が」
「地方の現場よりも中央の本社が」偉いと考えている人も多いでしょう。

これらが自己中心的な狭い考えだと気づけば、
世の中の見え方がまるで変わってしまうはずです。

一言で言うならば、昭和天皇の持論「雑草という名前の草はない」
つまり「世の中に役に立たないものはない。
万物が自然界の大きな調和の一部である」ということです。

どんなものでも存在するだけで全体の調和に役立っているのに、
どれが重要だとか順番を決めたくなるのが人間の業なのでしょう。

私も自分の仕事がちっぽけに思える時があります。
そんな時こそ、眼の前の仕事を徹底的に仕上げることが
全体の調和に一役買っていると想像するのです。



[リンク]

★Q26 ◎強引に突き進めない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/85

★Q25 ◎すぐに熱が冷めてしまう
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/84

★Q24 ◎人生の目標、信念やポリシーがない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/83

★Q23 ◎急に投げ出したくなる
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/82

★Q22 ◎モチベーションが上がらない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/81

★Q21 ◎「上」の決定には従うしかない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/80

★Q20 ◎根回しがめんどうくさい
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/79

★Q19 ◎通った企画を実現できない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/78

★Q18 ◎自分の意見を貫けない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/77

★Q17 ◎自分のしたい仕事ができない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/76

★Q16 ◎ハイペースだと息切れする
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/75

★Q15 ◎人のせい環境のせいにしてやめてしまう
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/74

★Q14 ◎嫌われたくないので折れてしまう
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/73

★Q13 ◎深い付き合いが苦手
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/72

★Q12 ◎損得勘定で人と付き合ってしまう
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/71

★Q11 ◎人からの誘いに腰が重い
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/70

★Q10 ◎昨日会った人にメールしない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/69

★Q9 ◎「今度飲みに行きましょう」と言うが、行かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/68

★Q8 ◎ラクなほう楽しいほうに流される
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/67

★Q7 ◎お金が続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/66

★Q6 ◎極めたいものが見つからない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/63

★Q5 ◎ブログが続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/62

★Q4 ◎本が読めない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/61

★Q3 ◎勉強が続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/60

★Q2 ◎ダイエット後キープできない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/59

★Q1 ◎早起きが続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/58

★「すぐやる!技術」第3弾、連載開始!のお知らせ
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/57 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント