CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【新著連載】Q4 ◎本が読めない | Main | 【新著連載】Q6 ◎極めたいものが見つからない»
プロフィール

佐藤聖一さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐藤聖一
新刊ラジオ配信中! (11/26)
みさ吉
新刊ラジオ配信中! (11/22)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/suguyaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/suguyaru/index2_0.xml
【新著連載】Q5 ◎ブログが続かない [2010年03月15日(Mon)]

Q5 ◎ブログが続かない

   →カメラ付ケータイで日常&自分観察から始めよう


「ブログもTwitterもほったらかし」
「何を書いていいかわからない」

ブログやTwitterは誰にも平等に与えられた
お手軽安価で最強の自己プロデュースツールです。
無名であっても、地道に専門分野を突き詰め濃密な毎日を送っている
個性豊かな人が発信すれば、あっという間に見いだされてしまうのです。

しかし、人生経験が浅く、知識も人脈も乏しく、
ルーチンワークに明け暮れる若者にとっては、使いづらいのも事実です。
ですから、ついつい書くネタに詰まって更新が止まり、
いつしかあきらめ放置してしまうのでしょう。

ブログを書く本当の意味は、ありふれた日常の中に感動を見いだすこと、
感動を人に伝え共感の輪を広げることにあります。
それは、人生を楽しむ最大のコツでもあります。
そのセンスを、いつもの日常とケータイで磨くことができます。
1.朝の新聞・テレビ・ラジオの中から

朝の情報収集の中で、気になったニュースを1本選んでケータイでつぶやきます。
入力が面倒だったら詳しい内容は写真に撮って、感想だけ一行書けばいいでしょう。
何か1つ発信すると決めただけで真剣にニュースに聴き入るはずです。

2.通勤途上で見つけた花鳥風月や人物

通い慣れた道にも花はほころび紅葉もします。そんな四季の移ろいを
写真に収めて一言添えて発信すれば、季節を味わう心が目覚めます。
合わせて「こんな人がいた、こんな会話を聞いた」と喜怒哀楽を伝える
人物観察も楽しみましょう。

3.今日お会いした人、進めた仕事について

その日商談などでお会いしたお客様を、許可をいただいた上で紹介しましょう。
心に残る一言や気づいたこと学んだことを書き留めます。
人と会わない仕事なら、自分が取り組んでいる仕事を
企業秘密に触れない範囲で書きましょう。

4.今日のランチ、お弁当、おやつ、夕食

食事は話題の宝庫です。会社周辺の美味しいランチ、今日のお弁当のおかず、
お客様の手みやげ、ご家庭ディナーや接待会食のごちそう...
どれでも、ケータイで撮って店名料理名と感想を添えれば、
思わず返信したくなる記事になります。

5.今、楽しんでいる本、音楽、テレビ、映画

通勤中に読んでいる本や聴いている音楽、オフに茶の間で見ているテレビや映画も、
ブログのネタにピッタリです。
昨今は、Amazonなどのお買い物サイトもTwitter共有機能が用意され、
詳しい情報はリンク先で説明できて簡便です。

6.今日買ったもの、今欲しいもの

趣味性の高いお買い物は、自分らしさが一番表現できる話題です。
買ったもの欲しいものが同じ人とは、すぐに仲良くなれて話が弾むはずです。
また、購買意欲をかきたてる文章を書くのは、
商品説明や開発のトレーニングになります。

7.フォローしている人の記事で感じたこと

10人の師匠はもちろん、ブログやTwitterで注目している達人の記事は、
大きな気づきを与えてくれます。そこで感銘を受け内容は引用し、
感想を添えながら紹介しましょう。
それが師匠や達人の目に触れれば、もっと仲良くなれます。


[リンク]

★Q4 ◎本が読めない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/61

★Q3 ◎勉強が続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/60

★Q2 ◎ダイエット後キープできない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/59

★Q1 ◎早起きが続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/58

★「すぐやる!技術」第3弾、連載開始!のお知らせ
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/57 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント