CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【新著連載】Q1 ◎早起きが続かない | Main | 【新著連載】Q3 ◎勉強が続かない»
プロフィール

佐藤聖一さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐藤聖一
新刊ラジオ配信中! (11/26)
みさ吉
新刊ラジオ配信中! (11/22)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/suguyaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/suguyaru/index2_0.xml
【新著連載】Q2 ◎ダイエット後キープできない [2010年03月09日(Tue)]

Q2 ◎ダイエット後キープできない

   →リバウンドとリカバリーを楽しむ余裕

「なかなかダイエットが長続きしない」
「せっかく痩せたのにリバウンドしてしまう」

私は氷河期に強い?遺伝子を受け継いだのか、
あまり食べなくても太りやすい体質です。
また、よく知られているように、一度増えた脂肪細胞が減ることはなく、
太った人はたとえ痩せたとしても太りやすい体質のままです。

私は小学校の時には早くも肥満児でしたが、
中学校でバスケット部に入って痩せました。
社会人になって運動不足となって、また太りましたが、
ジム通いをして痩せました。
経営者になってからストレス太りをしましたが、
努力して運動しては痩せ、気を抜いてはまた太ることの繰返しです。

ですから「ダイエットを試みては痩せたり太ったり」という悩ましい経験を、
おそらく多くの人よりも重ねていると思います。
そんな中でダイエットに限らず処世術にも役立つ
「気張らず楽しくやりぬくコツ」を逆に学ぶことができました。

星の数ほどあるダイエットの方法論は専門書に譲るとして、
太りやすさ&意思の弱さという欠点を、
自分を磨くパワーに変える陽転思考をしてみましょう。
1)太りやすいからこそ、身体と心に詳しい健康博士に

たくさん食べているのに太らない友人たちを見て、
昔はうらやましいと思ったものでした。
しかし今では太りやすいカラダに生まれたことを感謝しています。
もし何もしなくとも痩せたままのヒトだったら、今の私はないからです。

栄養や健康について知識を身に付けようとしなかったでしょう。
わざわざ厳しい運動をしようとも思わなかったはずです。
つらい運動やダイエットの後、ごほうびとして食べる
特別なごちそうの美味しさも知らないままだったでしょう。

2)平衡状態をキープするより、自然な波の浮き沈みを楽しむ

残念ながら、私はベスト体重を常にキープできるほど意思が強くありません。
その時々でやせたり太ったりを繰返し、一年の中でも夏はやせ冬は太ります。

しかし今ではこうした波を繰り返すことこそが
「自然の姿」ではないかと思っています。
例えば海に浮かんでいる時、ゆらゆらと波に身を任せるのと、
波に逆らって同じ体勢を保とうとするのでは、
必要なエネルギーも能力も大違いです。

大切なのは、平衡状態を微動だにせずキープすることではありません。
痩せたり太ったりしながら、平均して見ればベスト状態に落ち着くのが私の理想です。

3)ダイエット以外の目標を作るとうまくいく

いま思い返すと、ダイエットに成功して長続きしていた時は、
常に明確な目標がありました。
その目標とは「痩せること」そのものではありません。
学生の時なら長距離の大会に勝つこと、若かりし頃なら
ミニトライアスロンに完走すること、
今なら電動自転車通勤時のタイム短縮とバッテリーを長持ちさせること。

こうした明確な目標を設定することで、行動計画と日々行うTO DOが決まります。
もちろん体重や体脂肪が減るのも励みになりますが、走れる距離や時間といった
「もう1つの目標数値」があれば長続きして、結果として痩せるのです。

4)見かけ上の美しさより、パワー最大で快適な健康状態

多くの人がダイエットで目指すのは憧れのモデルや俳優でしょう。
あるいは第一線のアスリートかもしれません。
しかし、現代の理想とされる身体は、歴史上見られなかったほど
「やせすぎ」「鍛えすぎ」に見えるのは私だけでしょうか?

いくら理想に近づけても、無理なダイエットやトレーニングを続けて
パワーが落ちたり疲れ過ぎたりしては本末転倒です。
バランスの良い食事と運動で、軽快かつパワフルな身体と心を作ることが、
夢と挑戦に満ちた人生を楽しむコツです。

5)まわりの人を楽しく幸せにできる福相を目指す

年を重ねるほどに、やせているかどうかよりも、
人相がいいかどうかの方が気に留まるようになります。
たとえ理想体重でも貧相な人よりも、
若干体重がオーバーしていても福相の人の方に惹かれるようになるのです。

人生はタフで厳しい試練の連続です。
多かれ少なかれ誰もが修羅場を味わうでしょう。
そんな中でも「いつもニコニコしていられる人」のまわりに人は集まります。
ダイエットもプチ修羅場。それでカリカリしていたり、
太っている人に寛容さを失うようでは、友人も逃げ出します。
福相と呼ばれる人を目指しましょう。


[リンク]

★Q1 ◎早起きが続かない
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/58

★「すぐやる!技術」第3弾、連載開始!のお知らせ
 https://blog.canpan.info/suguyaru/archive/57
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント