CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«トラックバック御礼 | Main | 有隣堂ヨドバシAKIBA店に伺いました»
プロフィール

佐藤聖一さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐藤聖一
新刊ラジオ配信中! (11/26)
みさ吉
新刊ラジオ配信中! (11/22)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/suguyaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/suguyaru/index2_0.xml
すぐやる本1「人間、考えすぎるから不自由になる」余語翠厳老師著 [2008年09月01日(Mon)]

拙著「すぐやる!技術」に最も欠けている部分を補って余りある本は、
これまで私が出会った師の中でも「最も大きな存在」であり続ける恩師、
大雄山最乗寺山主 故余語翠厳(よごすいがん)老師の一冊です。


人間、考えすぎるから不自由になる
〜思い込みにとらわれない生き方〜

大和出版刊(絶版ただしamazonに中古あり)

今から十年以上前、偶然参加した最乗寺の夏期禅学会。

そこで余語老師の法話に触れて以来、
私の人生観も生き方も一変してしまいました。

一言で言うならば、大いに「楽」になったのです。

そして、前よりも安心して「見る前に跳ぶ」ことが
できるようになりました。
なぜ、楽になったのか、安心できるようになったのか、
この本の扉には、こんな一節が引用されています。


 「思い込み」にとらわれると、生きるのが窮屈になる

  自分は、この夢の実現に命をかける、この仕事を必ずやり遂げる....
 という信念や意気込みを持って生きるのはいい。しかしその夢は、
 かなうことがすべてではない。かなわなくても、それでいいと考える
 のが本当だ。「確固たる信念をもって生きる」というと立派に聞こえ
 るが、実は、はた迷惑なもの。信念などつまらないものだ。



ひょっとしたら、自己実現志向が強く、やる気まんまん。
で自己啓発本を何十冊も読んでいるような方からすれば、
首をかしげたくなるような言葉かもしれません。


  あなたの人生に無意義なことはひとつもない

  人間の本源は絶対の自由者であり、本来、何者にもしばられること
 なく生きるものである。この世の中には「しなければならないこと」
 などひとつもない。考え過ぎては不自由になるばかりだ。もっとラクに
 あるがままに生きよう



拙著「すぐやる技術」の数ある欠点の中でも最たるものは、
一見すると「誰もがすぐやるべき・すぐやる人になるべき」
という主張しているように見えることです。

もちろん、私はそんな偏った考えをしたこともなければ、
無理に「すぐやる」ように勧めているつもりもありません。

 「すぐやりたい人がいれば、やったらいい」
 「しかし、すぐやるからといって偉いわけでもない」

 「すぐやりたいことがあるなら、やったらいい」
 「しかし、すぐやりたい時もあれば、やりたくない時もあろう」


すぐやる人ばかりの世の中だったら
せわしなくて争いも絶えないかもしれません。

どんな元気な人も、いつもすぐやっていたら
身も心も壊れてしまうでしょう。



余語老師の本の表紙には、こうも書かれています。


 人生には「正しい道」も「誤った道」もない
 他人の評価にとらわれずに、のびのびと、
 「自分らしい人生」を生きなさい。



言い換えるなら、「すぐやるべきだなどという本の
余計な勧めにとらわれずに、のびのびと生きなさい」
ということになるでしょう。

それでも、この不自由な「すぐやる技術」を書いたのは

たまたま、明治大学商学部の講師を勤めた際に、
ベンチャービジネスの起業に興味がありながら、
すぐやることが苦手で自分を変えたいと思っている
学生を前にしたからです。

こうした気持ちのある人には「すぐやるのも一興」と
背中をちょっとだけ押しても、差し支えないと思ったのです。

しかし、安心して「見る前に跳ぶ」ことを望むなら、
余語老師の肩の力が抜けた言葉に触れていただきたいのです。


「良い悪い」で悩む心をゆったり解きほぐして
「自ら動こうとする心」ばかりでなく
「自ずと動いてしまう体」の声にも耳を傾け

もっとラクに、あるがままに生きていこうと
私も思っているのです。



 ▼人間、考えすぎるから不自由になる〜思い込みにとらわれない生き方〜
  http://www.amazon.co.jpdp/4804713603/


久米 信行
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント