• もっと見る
«「すぎなみ地域大学「福祉車両運転協力員講座」10/20募集締め切り」 | Main | リーフレットを改訂»
国際福祉機器展2022に行ってきました! [2022年10月20日(Thu)]
10月5日(水) 〜7日(金)に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された国際福祉機器展2022に行ってきました。
今回で第49回、その規模はアジア最大に達しているそうです。一昨年はコロナ禍で中止、昨年も規模を縮小して行われたので、今年は3年ぶりの大規模開催となりました。
会場に入ると展示ブースが人で賑わっていて気分も高揚しました。密集というほどの混雑は見られず、皆さん、人との距離を取って見学をされていました。
最新の情報が集結している展示会、VR(バーチャルリアリティー仮想現実)を活用したリハビリやロボットによる見守りなど、今の時代だなと感心するものも多くありました。
福祉車両の展示では自身で運転するための車が注目を集め、車いすと運転席との移乗方法がスムーズになるところを実際に操作して見せてくれました。
介護タクシーとして利用される車両は、乗る方々がより安全で、より快適に感じられるように細かい部分の改良が紹介されていました。
車いすも、未来を見据えたとてもデザイン性の高いものがありました。
限られた時間の見学でしたが、福祉機器の分野で明るい時代を迎えようとする企業や団体が多いことに感慨を深くしました。
リアル展は終了しましたが、Web展は11月7日(月)17:00まで開催されています。興味のある方は、どうぞご覧ください。
国際福祉機器展Web2022 - 国際福祉機器展 (hcr.or.jp)

IMG_6391.jpgブログ用.jpg