CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«外出手段にお困りの方への 「おでかけガイド〜移動サービス・車編」4月版、間もなく完成!! | Main | 令和3年度実績»
杉並区のグリーンスローモビリティ&次世代電動車いす試乗会(3/25)に参加! [2022年03月28日(Mon)]
広報すぎなみ3/15号に「次世代の乗り物を体験しよう!」というこの企画が掲載されていたのが、お目に留まりましたか? 
区は3月から「杉並区地域公共交通計画」を考える会議をスタート。もび〜るスタッフが委員として参加しているため、「今回の試乗会に参加を」と声をかけていただきました。

◆グリーンスローモビリティ
聞き慣れない名前ですが、低速(時速20`未満)で公道を走れる電動車を使った移動サービスです。エコで、事故が起こりにくいとされています。大小いろいろあるようですが、今回は運転手他3名が乗れるゴルフカートタイプ。荻窪の荻外荘公園を出発して、荻窪地域区民センター、大田黒公園を経由して戻るコースです。春の風を感じながら道行く人に手を振って、まるで遊園地のアトラクションが町に飛び出したみたいでした!
荻外荘の復元・整備が進み観光的な価値がますます高まるのにあわせ、荻窪駅から乗れたら楽しそうです。また、坂の多い地域や、バスが通らない地域の暮らしの足に使えたらいいなと夢がふくらみました。

グリーンスローモビリティー.jpg

◆次世代電動車いす
こちらは時々街でも見かけるようになったWHILLです。手元のスティックを行きたい方向に倒すと走ります。スピードは国の基準で時速6`と、早歩きくらい。オムニホイールという特殊なタイヤを装備し、その場で回転でき、方向転換のための切り返しがいりません。5pの段差を乗り越え、芝生の上も楽々走りました。小ぶりなので入れるお店も多そうです。なによりスタイリッシュ♡ 近所のおでかけに、一人乗りの小さな車として自転車がわりに使えそうです。

WHILL.jpg

◆参加してみて
交通業界では、「100年に一度のモビリティ革命」が起きているといわれ、確かに電気自動車、自動運転、大型ドローンで空飛ぶ車の実験もテレビでみました。これからも移動手段は進化していくことでしょう。
今はタクシーの予約もアプリからが主流で、電話での予約がとりにくいと、もび〜るに相談が入ってきます。また、UDタクシーが登場してからは、どうやったら使えるのかとの問い合わせも入ります。便利なモノの活用で外出の楽しみが広がることを願いながらも、それを利用しづらい人がいたら?その理由は?常に気にかけていきたいと思いました。