CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月10日

自然豊かな少数民族の村でトイレ建設や教育活動


<背景>
Buoc村は中国南部から移住してきたタイ民族の暮らす、純粋な風景を残す小さな村。山々と緑に囲まれており、この自然環境のために村民は農業を頼りにしている。かつては川に隣接して居住し川の水を使って庭仕事をしていたが、雨季に山から下ってきた水で洪水が起こり全てを流してしまうため川近くで暮らすのは非常に危険。そのため、政府は住民がもっと高い土地へ移住できるよう援助し、木造の伝統的で永住可能な家屋を建設。2002年に新しいBuoc村が再建設され始めてから10年以上が過ぎ、最近では頑丈な家や舗装道路、電気といったものが全ての村人にとって基本的な生活環境となった。河川は非常に美しいが同時に危険。インフラが新しくなる一方、村人の教育と現代社会の理解に関してはいまだ充分でない現状がある。


<仕事>
住民のトイレ建設。村の子どもたちへの教育活動。


<日程>
9/2(日)〜9/14(金)


お申し込み、詳細はNICEホームページから(http://www.nice1.gr.jp/wc_Punkaharju2/)

川沿いのインドネシアの村で、環境にやさしい村づくりのお手伝い

☆インドネシアで環境保護活動☆


<背景>
インドネシアの国際ボランティア団体、GREAT (Gerakan Kerelawanan Internasional)と共催、初開催!Citarumは長さ300kmの、西ジャワで最も長い川。農業、漁業、発電、生活用水など、3000万人もの人々の生活に根付く川だが、急速な経済発展により、川沿いに並ぶ200以上の織物工場からの鉛、水銀、砒素、などの化学物質は川を汚染し、ふもとに住む500万人の人々への影響は特に大きい。今も川の汚染は進み、プラスチックなどの自然に還らないごみが多く見受けられる。そこで2015年、“Yayasan Bening Saguling”という地元の団体が、Citarum川の保全のために発足し、教育活動、環境保全活動などを通して、地域の持続的な発展に取り組んでいる。川に繁殖する草を使ったハンディクラフトで、特産物の製作にも力を入れている。


<仕事>
@Citarum川のごみ拾い、分別、植林、オーガニック肥料づくり。川の草を使ったハンディクラフト体験も。
A環境教育のための学校訪問、授業を企画。英語・文化交流のクラスもあるかも。



お申し込み、詳細はNICEホームページからメロディ (http://www.nice1.gr.jp/wc_15104/)

メキシコで子ども達にノンフォーマル教育を! ☆高校生参加可☆職員引率☆

☆高校生の参加可能!メキシコで教育ボランティア☆

<背景>
メキシコと日本の2ヶ国ワークキャンプ!2014年設立のNGO、Asociacion Mexicana de Voluntariado Internacional A.C.(AMVIAC)と共催、初開催。Tlaxcala(トラスカラ)文化プロジェクトは、メキシコの子どもや若者が文化や芸術を通して自分自身やその環境を認識できるような場所をつくるプロジェクト。同時に子ども達に語学や算数などのレベルを上げるための、学校外の学習サポートスペースとしても機能している。このプロジェクトの目的は、子ども達が異文化への理解、環境や他者への敬意をノンフォーマル教育で学び、自己成長の機会を与えること☆


<仕事>
レクリエーション活動やリサイクル材料を使用して作ったゲーム、工作、歌やおどりなど、環境/文化/言語/音楽/芸術に関するワークショップを子ども達に提供する。また、さまざまな地元の学校で日本に関するプレゼンテーション。またメキシコの文化や伝統、教育制度について学ぶ機会あり☆



お申し込み、詳細はNICEホームページから(http://www.nice1.gr.jp/wc_14VS4/)

持続可能な生活をテーマとした、アフリカでのキャラバンワークキャンプ!

☆アフリカでボランティア☆

<背景>
タンザニアとケニアの2ヶ国を移動しながら活動するキャラバンワークキャンプ!ワークキャンプを1994年にSCIの支援で開始したNGO、UVIKIUTAとケニアのNGO、KENVOと共催、初開催。持続可能な生活は世界中から注目され、日常生活のほぼ全てに適用されるため取り組むべき重要性がある。しかし、多くの人々が持続可能な生活について聞いたことがあるにも関わらず、それが何を意味するのか正確には分からない。知識の欠如は、将来の世代での環境破壊を引き起こすライフスタイルが著しく増える。今回の活動先であるタンザニアUzi島とケニアKimende村において、森林管理・漁業・農業・生活の多様化といった側面で持続可能性は脅威にさらされている。


<仕事>
前半1週間はタンザニア、後半1週間はケニアで活動する。【タンザニア】マングローブの植林。【ケニア】森林やその他の公共スペースでの植林。【2ヶ国共通】地域の清掃活動への参加、ゴミ問題に対する活動。ゲーム、アート、音楽、展示など創造的な方法を用いた持続可能な生活に関する啓発活動など☆




お申し込み、詳細はNICEホームページからメロディ(http://www.nice1.gr.jp/wc_15VS09/)

住民達が立ち上がったマングローブ林の再生に、一緒に加わろう!

☆カンボジアで植林活動☆


<背景>
CYA(Cambodian Youth Action)と共催。ここでの2ヶ国短期ワークキャンプは4年連続8/9回目。CYAは2010年設立の国際ボランティアNGO。NICEとは様々な種類の事業で連携する。この村の沖では、アジア開発銀行やベトナム企業による港湾の巨大な開発計画が進み、マングローブが減り、生態系・漁業に大きな打撃。住民達が主体となって、マングローブの植林を始め、CYAも2012年から協力している。エコツーリズムの施設も運営し、素朴だがオシャレなバンガローと採れたての地元食材を楽しめる!  NICEは2016年、UPS財団の支援でNVDA/ CCIVS等とSCC(気候変動防止特別事業)を創設、18年は植林や代替エネルギー活用による「カーボン・オフセット」を、7ヶ国で開催。ここでは7/4-9/25(1-3ヶ月間参加可!)に活動するSCCボランティアと共に、作業・生活する。


<仕事>
主に船で沖に出てマングローブの植林や森の中での種の採取、宿泊施設での苗床作り。エコツーリズムの設備作りや教育活動、NICEが世界中で推進する「世界七夕アクション」やエコたわし作りも行うかも。



お申し込み、詳細はNICEホームページからメロディhttp://www.nice1.gr.jp/wc_BanepaEQ-VS2/id=12381)

南部アフリカ初の2ヶ国ワークキャンプ!学校と地域で環境教育と植林・リサイクル☆

☆アフリカで環境問題に取り組もう☆


<背景>
Associação dos Jovens Voluntários (AJOV)と初開催☆AJOVは同国法務省公認の国際ボランティアNGOで、不遇な地域の発展に若いボランティアの力で取り組む。HIV/AIDSの啓発、子どもの買春、社会・衛生・環境・生涯教育等を実施し、1万人の子どもを救うことを目指す。  Boaneは都市部の重要な食糧庫で持続的な農業を営むが、気候変動による夏の気温や降水量の激変と強烈な日光で作物が焼け枯れ、深刻な被害が出ている。  NICEは2016年、UPS財団の支援でNVDA/ CCIVS等とSCC(気候変動防止特別事業)を創設、18年は植林や代替エネルギー活用による「カーボン・オフセット」を、7ヶ国で開催。ここでは7/4-9/25(1-3ヶ月間参加可!)に活動するSCCボランティアと共に、作業・生活する。

<作業内容>
周辺の各地域を5日間×8時間(8-12, 13-17時)ずつ廻って、初日・2日目は学校やコミュニティでの地球温暖化の原因や結果についての啓発活動。3-5日目は植林とリサイクル活動を半日ずつ行う。カーボンオフセットの実施や、「世界七夕アクション」「エコたわしアクション」も行うかも☆



お申し込み、詳細はNICEホームページからメロディhttp://www.nice1.gr.jp/wc_Ierapetra/

2018年07月03日

イベント情報 随時更新


NICEで開催されるイベント・キャンプの情報を随時更新中です☆


「もっと詳細がしりたい!」「他にはないの?」と思われた方は、是非NICEホームページにてごらんください(^^) 面白いキャンプが国内外問わずたくさんありますよ☆


H.P http://www.nice1.gr.jp/



奈良県内の農山村で子ども達の夏休みの思い出づくりをお手伝い♪

●開催日時:8月25日-28日(部分参加は要相談)
●開催場所:奈良県山辺郡山添村



●山添村ってどんなところ?

山添村は、奈良県の北東端の大和高原の1角に位置します。縄文時代の土器も発掘されるほど古くから集落があったといわれる山添村。村には鉄道がなく、コンビニもありません。信号はたった1つだけの村です。古くからお茶の栽培がさかんであり、大和茶という名前で多く出荷されていましたが、現在は1次産業の従事者の減少、耕作放棄地や少子高齢化に悩む村です。
たんぼや茶畑に囲まれた静かな山添村では、子どもたちに勉強の場を提供したいという思いで地域の現職、退職教員が、廃校を利用し、小学校・中学生の子どもたちの学習支援の場、遊び場・居場所作りを行っています。いつもは学習をすることが中心ですが、「せっかくの夏休み、楽しいことを一緒にしよう!」と一念発起!と今回は、子ども達といっしょに創作活動をしたり、「わくわく出来ることを!」実施していきます。

巨大な制作物をこどもと一緒に作ったり、廃校の階段でタイルアートをしたり、こどもたちと一緒にお料理やタイのソイクラーン(水かけ祭り)、ホーリー(ヒンドゥー教の色祭り)といったようなお祭りの体験の実施を検討しています

参加する皆さんと一緒にやりたいこと!一緒に考えながら、企画をし、子どもたちの夏休みのひとときを満喫しませんか?

今年初めての受け入れです。初めてだからこそ、一緒に作りあげる、「0」から「1」を創れるワークキャンプです。

●ボランティア活動内容
子ども達といっしょに創作活動(階段でのモザイクタイル、大きな絵を書くなど)
地域に住む方のお困りの事へのお手伝い(草刈り、道路清掃など)
子ども達の寺子屋(学習サポート)


●タイムスケジュール
<1日目>8月25日(土) 
13:00 JR奈良駅集合
JR奈良駅からバスで山添村へ向かいます。
 バス停「津越」で下車
※バス代は1,020円 
14:30 山添村到着
15:00 オリエンテーション
16:00 ワーク(地域貢献活動) 草刈り等
19:00頃 歓迎会
21:00頃 フリー 就寝
 ※関西で2番目に美しい夜空で、月見をしましょう!

<2日目>8月26日(日)
8:00 朝食
9:00 イベント準備
12:00 昼食
13:30 親子参加型イベントの実施 
17:00 イベント終了 片付け
18:00頃 夕食
20:00頃 学習会準備
21:00 フリー・就寝

<3日目>8月27日(月)
8:00 朝食
10:00 子どもたち交流会
12:00 昼食
13:00 学習会の運営サポート
17:00 終了
18:00 お別れ&お疲れ様パーティー
※キャンプファイヤー?野外炊飯も検討中。
20:00 フリー・就寝

<4日目>8月28日(火)
8:00 朝食
9:00 片付け、お部屋の掃除
10:00 ワークキャンプの振り返り
11:30 解散 バス11:59 「津越」発 13:02JR奈良着



●持ち物
・お泊まりセット(バスタオル、歯磨きセット、シャンプーなど)
・汚れても良い服
・軍手
・マイ箸
・マイコップ
・寝袋

●宿泊場所
廃校になった小学校内(旧北野小学校)で宿泊。

●集合日時:8月25日 13:00
●集合場所:JR奈良駅
●解散時間:28日の 12:00頃

●参加費:正会員3,000円、非会員3,500円
※宿泊費・食費込み(1日目、4日目のお昼代除く、また夜のアルコール・お菓子代は別途徴収します)

●参加定員:6名
参加資格 子どもが好きな方 地域の人とも積極的に交流できる方
英語対応可

<お申し込み方法>
下記URLよりお申し込みください☆
https://member.nice1.gr.jp/mypage/form/weekend?id=13040

●お問い合わせ:
west@nice1.gr.jp (木村まで)

海の見えるフリースクールで夏イベントを盛り上げる!

●開催日時:8月18日、19日(部分参加は要相談)
●開催場所:愛知県田原市

8月のゆずりはワークキャンプのお知らせです(^^)

今回のワークは、土曜日にゆずりは学園の学園祭です!
普段のワーキャンの時は、生徒は15時に帰ってしまいますが、
こういうイベントの時は20時まで一緒に過ごすことができます!
午前は、生徒会が考えた遊び(バスケやだるまさん転んだ、水風船?等々)
を生徒とNICEメンバーで行い、
午後からは歌手の方やデンソーのよさこいグループの方々が来て
踊ったりゲームをしたりします!夜は海岸で花火です!
たくさんの生徒と交流できるいい機会です!!

日曜日は、生徒はいないので草むしり等の作業かなと思います。

※ワーク内容は変更することがあります。ご了承ください。
また、ワーク内容の詳細や変更は、分かり次第情報を更新します。

フリースクールであるゆずりは学園は、子どもたちの居場所となるスクールづくりやカウンセリング等を行い、
ひきこもり・不登校の子・アスペルガー症候群の子どもやその親たちを支援しています。
通常は、この週末ワークキャンプではスクールの裏の森で里山整備をしています。
子どもたちに良い環境とは何かを考え森の中に学校を作る予定です。

大自然の中で体を動かすことでリフレッシュすることができ、達成感を得ることができます。
「若い力がたくさん集まると整備が進む」とNICEのみなさんの参加を心待ちにしてくれています。
また、フリースクールの生徒たちと関わるチャンスもあります。
あなたの存在が子どもの心を開くきっかけになるかもしれません。

教育や福祉に興味がある人、自然が大好きな人、作業を通してリフレッシュしたい人
などなど大歓迎です!

※ボランティア保険の加入はご自身の判断でお願いします。
詳しくは「NICEホームページ・週末ワークキャンプ・参加の流れ」参照

●集合日時:8月18日(土) 9:10
●集合場所:豊橋鉄道 三河田原駅改札付近
●解散時間:19日の昼過ぎ
●持ち物:汚れてもいい服・靴、軍手、タオル、着替え(水遊びや海に入ることもあり得るので乾きやすいものを多めに持ってくるといいかも)、雨天時は雨具、お泊りセット(寝袋は不要)、みんなで食べるお菓子等のなにか一品、やる気!
●参加費:NICE会員2000円、非会員2200円 (※主に食事や宿泊も含めた施設利用費としてゆずりは学園に渡します)
※NICE会員とは、NICEに年会費を支払っており、NICEプレスという情報冊子が家に届いている方のことを言います。Web上で自身の情報を登録し申し込みをして下さっていると思いますが、それはWeb上だけの会員になりますのでNICE会員には当たりません。


<お申し込み方法>
下記URLよりお申し込みください☆
https://member.nice1.gr.jp/mypage/form/weekend?id=13086

●お問い合わせ先:青井 yuzuriha_nice@yahoo.co.jp

質問・相談も受け付けております。なんでもお気軽にどうぞ

森の京都で、花火大会の運営サポート!

●開催日時:2018年8月13日(月)-16日(木)
●開催場所:京都府南丹市八木

夏の風物詩といえば打ち上げ花火!
お盆で人の集まる、南丹市花火大会の運営を手伝ってみませんか?
夏の暑さを感じながら、やりがいのある4日間です。


活動概要

 京都府南丹市商工観光課と共催。南丹市花火大会は、1947年から続く歴史のある花火大会です。来年に引き続き今回で2回の開催となります。

 南丹市花火大会は、京都府内2位の人気を誇り、近隣市町はもちろん関西全域から約8〜9万人もの人が花火を見に訪れています。しかし近年観覧者数は増加する一方、運営側の人数が不足、中でも警備に人を割くことが難しくなっていました。そこでNICEと超短期ワークキャンプを共催し、主に有料エリアの誘導及び、安全確保のボラティアを行って行きます。1年で最高の盛り上がりをみせるこの日、多くのお客様を少しでも安全に、素敵な花火をみてもらえるようボランティアの力でサポートしていきましょう!

 3日目夜の交流会では、地域の方々に参加をしてもらい、南丹市の魅力や課題についてお話してもらいます。

参加したらこんなことが分かる!
・花火大会の運営体制
・南丹市の魅力
・地域のお祭りの盛り上がりと重要性
・市の抱える課題と取組


ワーク内容

花火大会の運営サポート
・会場準備・片付け
・有料会場の案内、誘導
・通路の確保、声かけ



タイムスケジュール(仮)

※タイムスケジュールの変更の可能性があります。
みなさま柔軟な行動お願いします!

<1日目>8月13日(月) 
12:45  八木駅集合
     宿泊場所への案内、自己紹介、活動の背景、活動内容、打ち合わせ
14:30 ワーク開始 
会場準備(コーンの設置、有料エリア区切り、案内板の設置等)
18:00  ワーク終了
19:00 休憩・夕食
20:00 作戦会議 
 お客さんの誘導や声かけの確認。よりスムーズに行うための作戦を練る。
21:30 お風呂、就寝

<2日目>8月14日(火) 
8:00 朝ごはん
9:00 会場準備
12:30 お昼
14:00 最終打ち合わせ・有料エリア入口の案内
15:00 ワーク開始 
有料会場の誘導、安全確保、空席の案内
19:30 花火打ち上げ
20:30  退場案内
21:30 片付けのお手つだい
     お風呂、夜ごはん、就寝

<3日目>8月15日(水)
7:30  朝ごはん
7:45 花火大会 会場内のごみひろい・片付け
12:00 お昼ご飯
14:00  ワーク(現在調整中)
   数名は交流会のお料理準備
16:00  終了
18:00 交流会 (地域の方とお話しながら交流)
20:00 交流会終了
21:00 各自お風呂、就寝

<4日目>8月16日(木)
8:00  朝ごはん
9:00 ワーク 八木町見学
   八木町の魅力を探し
12:00 お昼ご飯・振り返り
13:00 解散


詳細(日時/会場/申込)

●開催日時:8/13(月)〜16(木) 
●集合:8/13(月) 12:45 JR八木駅 (京都嵯峨野線)
●持ち物
・日焼け対策グッズ
・水筒
・運動靴、サンダルもあれば楽
 ・帽子
・長ズボン(最終日の山登りで必須)
・虫よけグッズ
・軍手
・お風呂セット
・お泊りセット
・寝袋
・参加費

●場所:京都府南丹市八木町
●宿泊:公民館
●参加費: 会員6,000円、非会員6,500円
 食費・宿泊費・お風呂代が含まれます。
 夜のお酒・お菓子代は別途必要になります(4日で500〜1000円程度)。

* これを機に年会員になっていただくことも可能です。
(新規会員5000円、再開3000円。参加費と同時にお振込をしていただけます。)
 会員になると…年間通してワークキャンプの割引を受けられ、会員限定の季刊誌をお届けします!
 詳しくはこちら

●定員:日本人20名(人気のプログラムとなっております。お申込みはなるべくお早めに!)

●参加資格:地域イベントを盛り上げようというモチベーションのある方
・英語対応不可


@お申込みフォームの送信
A事務局からの返信、お振込みのご案内
B参加費のお振込み
C参加決定メールをお送りします。
D当日集合場所へお越しください。


<お申し込み方法>
下記URLよりお申し込みください☆
https://member.nice1.gr.jp/mypage/form/weekend?id=13024


●お問い合わせ:
LINE:メッセージを送信して頂ければ、
企画担当スタッフ(関西事務局)とLINEで直接お話いただけます。
「関西NICE」アカウントから、ぜひお問い合わせください♪

ID:@ahz6431w 
メール:west@nice1.gr.jp(木村まで)
主 催 :特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
後 援 :国連・CCIVS(国際ボランティア活動調整委員会)
     NVDA(アジア・ボランティア発展ネットワーク)