CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月10日

川沿いのインドネシアの村で、環境にやさしい村づくりのお手伝い

☆インドネシアで環境保護活動☆


<背景>
インドネシアの国際ボランティア団体、GREAT (Gerakan Kerelawanan Internasional)と共催、初開催!Citarumは長さ300kmの、西ジャワで最も長い川。農業、漁業、発電、生活用水など、3000万人もの人々の生活に根付く川だが、急速な経済発展により、川沿いに並ぶ200以上の織物工場からの鉛、水銀、砒素、などの化学物質は川を汚染し、ふもとに住む500万人の人々への影響は特に大きい。今も川の汚染は進み、プラスチックなどの自然に還らないごみが多く見受けられる。そこで2015年、“Yayasan Bening Saguling”という地元の団体が、Citarum川の保全のために発足し、教育活動、環境保全活動などを通して、地域の持続的な発展に取り組んでいる。川に繁殖する草を使ったハンディクラフトで、特産物の製作にも力を入れている。


<仕事>
@Citarum川のごみ拾い、分別、植林、オーガニック肥料づくり。川の草を使ったハンディクラフト体験も。
A環境教育のための学校訪問、授業を企画。英語・文化交流のクラスもあるかも。



お申し込み、詳細はNICEホームページからメロディ (http://www.nice1.gr.jp/wc_15104/)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック