• もっと見る
« 2023年01月 | Main | 2023年03月»
遠野物語 [2023年02月23日(Thu)]
東日本大震災の被災地からトルコ・シリア大地震の被災地へのメッセージをお届けします。

------------

東日本大震災から来月の3月11日で12年を迎えます。仏教でいうところの13回忌になります。そんな矢先に起きたトルコ・シリア大地震に被災地の人たちは本当に他人ごとではないと胸を痛めています。私自身も、テレビから流れてくる映像をみて、いま被災者の人はどんな気持ちでいるんだろう。これまでの被災地で被災者の方から聴いたことを思い出し、私も胸が苦しくなりました。

 あの津波から12年という月日が経つ中で、これまでたくさんの災害が各地で起きて、まるで上書きされるように「過去」の災害が人々の心の中の記憶から薄れていきます。でもいくら年月が流れようと、被災された方にとっては忘れたくても忘れられない辛い体験です。

ふと、岩手県陸前高田市の被災者の方からお電話が。。。ちょっと声のトーンが元気ないような気がしました。トルコとシリアでおきた地震のことをテレビで見て、「何か、私もできないかしら。手芸が得意だし、何か作って被災地を応援したい」と言ってくれました。いろいろお話をしていると、「明日は我が身だなぁって、津波に遭ってはじめて人の痛みがわかったの。最近はこちらでも大きくはないんだけれど、小さな地震が頻繁に起きていて心配なの。今年は干支でいうとうさぎ年、震災から一周して今年が12年目のうさぎ年で、なんていうのか考えたくないけど、不安になってしまう。今日は一日こうして無事に過ごせたなって毎日思うのよ」って、話してくれました。

  当時、仮設住宅にお邪魔してまけないぞうづくりのしている時に出会ったお一人です。神戸大学の学生が被災地に通って、被災者との交流を深めていました。その方は、学生やボランティアの人たちに何も返すものがないのでと、小さなまけないぞうを作ってお礼としてプレゼントしていました。

 まけないぞうという手芸を通して、それまで手芸などしたことのなかったその人が、まけないぞうがきっかけで、手芸グループのリーダー的存在になり、コミュニティが広がり、彼女にとっても生きがいのようなものが芽生えたのです。


 仮設から復興住宅に移り、仮設住宅で培ったコミュニティがバラバラになってしまったのですが、月に一度ほどみんなで集まって手芸をしたりしています。いまでもまけないぞうが被災者のみなさんの心に寄り添っています。

 トルコ・シリアの被災地にも東日本の被災地からの想いがとどきますように!!
(増島 智子)

NO4_R.jpg

NO3_R.jpg

NO2_R.JPG

NO1_R.JPG
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.950 [2023年02月03日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL950(2023年2月3日)

 寒い日が続く中、光熱費の高騰、食料品の値上げラッシュなど家計の負担が増大しています。これまでも便利で安いものも手に入り、世界中から様々品物が手軽に買えるようになりました。自分たちで買い物に行かなくても、ご飯を作らなくて、スイッチひとつでお風呂に入れたり、エアコンで涼しくも、暖かくもなり、ポチっとすれば、食べ物も商品も届くようになり、とっても便利な世の中になりました。けれど、一方で私たちは間接的にたくさんのエネルギーを使っています。
 
いま、読んでいる本『ナマケモノ教授のムダのてつがく〜「役に立つ」を超える生き方とは〜』辻信一/さくら舎 という本があります。みなさんはナマケモノをイメージすると木の上でのんびり生活しているイメージが思い浮かぶと思います。そんなナマケモノですが、この本の中では「ムダ」がないと言われています。動作が遅いのは筋肉が少ないから、エネルギーをなるべく使わずに、葉っぱだけを食べて生きられるように進化しているとか、動くものを追う習性のある猛獣や猛禽類から身を守るためにめったに動かないとか、動く範囲はとても小さな領域だけだそうです。そして、また、一週間に一度くらい危険な地面に近づいて、木の根元に穴を掘って糞をするそうです。「それはナマケモノが食べ物である葉っぱを供給してくれている木の根元に糞をすることで、もらった栄養をその木の根に確実に返そうとする涙ぐましい行動なのだ」と紹介しています。
 そう思うと、私たち人間は、自分たちの能力以上に動き回り、世界中からたくさんのものを手に入れ、食べ物は食べきれないくらい作り、ゴミとして廃棄し、多くのエネルギーを消費していることに気づかされます。

 また、筆者は「モノを少なくして、そのモノにまつわる時間と空間を節約する。その節約を可能にするのは、ITをたっぷり駆使した都市的なライフスタイル。ぼくは時々断食をするのが好きなのだが、それは食べることから自由になるためではなく、逆に、食べることの意味を考え直し、食べ物への感謝の思いを更新するためだ」と話しています。
 
 人間も少し“ナマケモノ”を見習ってみてはいかがでしょうか?

  24時間ハンストリレーもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!
                            (増島 智子)


トピックス
岸田首相、教えて?「なぜ防衛費をあげるのですか?世田谷区の小学6年生たちが質問の手紙
https://www.tokyo-np.co.jp/article/229015
(2023年2月3日 東京新聞)

CO2排出を減らしながら温暖化アニメ制作へSTUDIO4℃の挑戦、世界のファンら共感「希望の物語に」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/228680
(20232月3日 東京新聞)

「全国的議論に」「理解得て」福島評議会、処理水で意見
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20230203-756041.php
(2023年2月3日 福島民友新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
1月22日(日)は細川(NGO)、23日(月)は村井(NGO)、24日(火)は細川(NGO)、25日(水)は大石(静岡)、26日(木)は宇田川(神奈川)、27日(金)は頼政(NGO)、28日(土)は鈴木(川崎)、29日(日)は村井(NGO)、30日(月)は増島(NGO)、31日(火)は石塚(神戸)、2月1日(水)は大石(静岡)、2日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日2月3日(金)は、村井(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
2月 4日(土)鈴木(川崎)
  5日(日)募集中!!
  6日(月)募集中!!
  7日(火)募集中!!
  8日(水)大石(静岡)
  9日(木)宇田川(神奈川)
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(川崎)
*************************