• もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月»
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.926 [2021年12月11日(Sat)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL926(2021年12月11日)

 昨日9日の神戸新聞に「温暖化2億人住居失う」という見出しの記事を見ました。それによると「地球温暖化に伴う気候変動を原因とする水不足、海面上昇の深刻化などにより、2050年までに、世界各地で最大2億1600万人が住居を追われ、国内避難を迫れられることがわかった。」という世界銀行の試算を公表しているものでした。
 このまま温暖化の原因となる温室効果ガスの排出の抑制をしなければ、いまからたった30年後には2億人が住居を失ってしまうのです。この試算によると10年後にはその影響はアフリカやアジアなどの発展途上国が受けやすく、温室効果ガスの排出量の少ない国々への影響が大きくなると試算しています。このように豊かな生活を得るために日本のみならず先進国は、貧困地域の人々のいのちや生活を危険に晒しています。
 国内でも水害は毎年のように発生したくさんの被害が出ています。食料も変化してきて、野菜不足や、漁獲量の減少による魚不足など私の生活にもじわじわとその影響が見てとれます。原発も原子炉を冷却するために、海水を使って冷却し、温まった水を海に流しています。福島第一原発事故後、各地の原発を停止したときに、温かな水がなくなり温暖な地域にいる魚が減ったりするなど、海の中でも変化がありました。
 先日北海道では、温暖化の影響で赤潮を発生し、お正月に食卓を賑やかせるウニやいくら数の子などが高騰しています。これまで当たり前に食べられていたものも食べることができなくなるのです。
 その原因となる温室効果ガスを減らすために原発はもちろんのこと、自分たちのライフスタイル見直し、30年後いや10年後を見据えて少しでも暮らしやすい環境を整えなければなりません。 
              (増島 智子)

*トピックス
富岡立ち入り1月26日緩和 復興拠点全域、準備宿泊4月中旬以降 
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211209-672247.php
(2021年12月9日 福島民友)

原発再稼働是非 住民投票へ向け署名集まる 条例制定目指す市民
https://news.yahoo.co.jp/articles/d22467be136e0ba42b2a980ca53940c02f87cfac
(2021年12月7日 日本海テレビ)

*************************
*昨日までのリレー仲間
11月29日(月)は東條(神戸)、30日(火)は細川(NGO)、12月 1日(水)は大石(静岡)、2日(木)は宇田川(神奈川)、3日(金)は増島(NGO)、4日(土)は鈴木(川崎)、5日(日)は村井(NGO)、6日(月)は東條(神戸)、7日(火)は細川(NGO)、8日(水)は大石(静岡)、9日(木)は宇田川(神奈川)、10日(金)は村井(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日12月11日(土)は、鈴木(川崎)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
12月12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)石塚(神戸)
  15日(水)大石(静岡)
  16日(木)宇田川(神奈川)
  17日(金)募集中!!
  18日(土)鈴木(川崎)
  19日(日)募集中!!
  20日(月)東條(神戸)
  21日(火)募集中!!
*************************