• もっと見る
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.959 [2023年05月22日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
…………………………………………………………………
VOL959(2023年5月19日)

今朝、愛媛県南予で震度4の地震がありました。5月12日にも震度3の地震が発生しています。特に最近は全国各地で地震が発生しています。ご承知の通り愛媛県には伊方原子力発電所が立地し、周辺には中央構造線断層帯が走っています。伊方原発3号機については、2017年と、2020年に運転差し止めの仮処分が下されています。けれど、今年3月に広島高裁が運転差し止めの申し立てを却下しています。この時の申し立て人は「原発回帰」の司法判断だと訴えています。

伊方原発は、避難路にも避難計画にも大きな問題を抱え、もし大規模地震が起き、原発事故が起きれば住民は逃げ場を失ってしまいます。

折しも、広島ではG7サミットが今日から開催されます。被爆地広島で「核軍縮・不拡散」についても文書を発表するそうです。被爆国として放射能の脅威を経験し、それを世界に発信するのであれば、福島第一原発で脅威の放射能をまき散らした原発は停止し、再生可能エネルギーの先進国となれるように世界に発信するべきではないでしょうか?
          (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!


トピックス

日本原電、発電せず6年連続黒字 大手電力の「基本料金」に支えら
https://news.yahoo.co.jp/articles/115d19d1e6e49930d32036a2ecf3971205806759
(2023年5月19日 朝日新聞)

南予で最大震度4の地震
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ea9158dd058b8761af9067cea49d37629723b6
(2023年5月19日 愛媛朝日テレビ)

【速報】川内原発の運転延長、九電点検は「適正」 鹿児島県原子力専門委、近く県に答申へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/aafb4f97f9278ef033813930aa1090f02f554e43
(2023年5月18日 南日本新聞社)

*************************
*本日までのリレー仲間
5月12日(金)は細川(NGO)、13日(土)は鈴木(川崎)、14日(日)は村井(NGO)、15日(月)は細川(NGO)、16日(火)は頼政(NGO)、17日(水)は大石(静岡)、18日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日5月19日(金)は、増島(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
5月20日(土)鈴木(川崎)
  21日(日)募集中!!
  22日(月)宇田川(神奈川)
  23日(火)募集中!!
  24日(水)大石(静岡)
  25日(木)宇田川(神奈川)
  26日(土)鈴木(川崎)
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.957 [2023年05月02日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL957(2023年5月2日)

GX推進法案が28日参院で与党、維新、国民民主の賛成多数で修正可決しました。この法案は束ね法案ともいわれ、原子力基本法、原子炉等規制法、電気事業法、再処理法、再生可能エネルギー特措法を5本にまとめて一つの法案として、十分な議論もないままに法案が可決されました。
原発の運転期間は最長60年を超えて運転ができるということは規制委の山中伸介委員長も「未知の領域」だとしています。いま福島第一原発は、原子炉内部のコンクリート製の土台のコンクリートが崩壊し、鉄筋がむき出しとなり地震で崩壊するリスクもあるような状況です。
この間の汚染配管の撤去作業でも昨年から何度も失敗し、東電の現場力の無さを指摘されています。

また、先日敦賀原発2号機では、審査のために原電が規制委に提出した資料に記載ミスなど1300カ所以上の誤りが見つかりました。今年1月には柏崎刈羽原発3号機でも書類に150カ所のミスが見つかっています。原発という危険なものを取り扱うことが、現時点でもしっかりできていない中、今回の法案で「未知の領域」の原発回帰に突き進むのは、将来にわたり危険な負の遺産を生み出すことになります。いまだに、追加被爆線量が福島県以外は年間1ミリシーベルトと定められているなか、福島県はその20倍もの20ミリシーベルトという異常な状態のままです。
福島第一原発事故の終息はみえず、この事故の被害者は、事故がなければいのちを奪われることもなく、長年営んできた暮らしを奪われずに済んだのです。原発回帰をする前に、自然豊かな、ここ日本でもっと再生可能エネルギーを作りだす努力をするべきではないでしょうか?前号で紹介した、水力や地熱発電などもっとエネルギーを生み出すことは可能だと思います。

 私たちは坂本龍一さんが遺した言葉「声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには結局それしかないのだと思います」を胸にできることから一歩ずつ!!
         (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
福島・飯舘村の復興拠点で避難指示解除 事故から12年、薄れゆく帰還の現実味
https://www.tokyo-np.co.jp/article/247442?rct=genpatsu
(2023年5月1日 東京新聞)

原子力分野の女性割合「15%」 OECD調査で最下位
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2023050201000276.php
(2023年5月2日 福島民友新聞)

衆議院経産委員会での、菅直人議員の発言。https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=54570&media_type=

*************************
*本日までのリレー仲間
4月27日(木)は宇田川(神奈川)、28日(金)は頼政(NGO)、29日(土)は鈴木(川崎)、30日(日)は村井(NGO)、5月1日(月)は増島(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日5月2日(火)は、細川(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
5月 3日(祝・水)大石(静岡)
  4日(祝・木)宇田川(神奈川)
  5日(祝・金)募集中!!
  6日(土)鈴木(川崎)
  7日(日)募集中!!
  8日(月)宇田川(神奈川)
  9日(火)募集中!!
  10日(水)大石(静岡)
  11日(木)宇田川(神奈川)
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.956 [2023年04月26日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL956(2023年4月26日)

ドイツが脱原発を完了させました。ドイツは1970年代から原発の反対運動が盛んで、1986年のチェルノブイリ事故がそれに拍車をかけました。その後、原発擁護派だったメルケル首相は、福島の第一原発事故後「福島が私を変えた」と、脱原発に大きく舵を切ったのです。それから12年で、脱原発を完了させました。現在再生エネルギーの割合は、2011年から見ると17%から45%にまで達しています。日本の再生可能エネルギーの割合は2011年が2.6%で12年経ったいま22.4%となっています。

例えば、水力発電でノルウェーは95%、アイスランド70%、ブラジル60%、カナダ50%などの発電量を占めています。この中のアイスランドでは、地熱が30%で水力が70%でほぼ100%再生可能エネルギーで原子力発電も火力発電もありません。
ダムの専門技術者が「日本でもいまあるダムを使えば、現在の水力発電量を2倍、3倍に増やすことができ、純国産で全く温室効果ガスを発生しない電力を、毎年、金額に直して2兆円から3兆円分も増加させることができる」と断言しています。

 水力発電や地熱発電など日本の地形や地質を生かせば、まだまだ再生可能エネルギーの発電量は増やせるはずです。そのための法改正や運用方法を改める必要があると思います。
しかし、現在日本政府は原発回帰へとGX関連法案「たばね法案」ともいわれる関連法案を提出しています。原子力基本法を改正して、原発を使い続けるための「国の責務」やそれを推進するための施策、運転期間の延長などを盛り込み、原発を推進するような内容なのです。

私たちは福島第一原発事故を教訓に、原発事故を繰り返さないようにすることが、将来の世代への「国富」を残し、本来の「国の責務」だと思います。2014年福井地裁で大飯原発差し止め判決を言い渡した樋口英明元裁判官が「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富でありこれを取り戻すことができなくなることを国富の喪失である」という判決文をもう一度かみしめたい。
          (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
福島第一原発の汚染配管撤去作業、6日ぶり再開も…また失敗切断装置のブレーカー落ちる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/246231?rct=genpatsu
(2023年4月25日 東京新聞)

福島第一原発の土台損傷 原子力規制委員長「もっと早く対応するべきだった」東電に不満
https://www.tokyo-np.co.jp/article/246203?rct=genpatsu
(2023年4月25日 東京新聞)

<13年目の被災地を再び巡る 福帰行>大熊で生きる牛 無人の大地で今日もモ〜モ〜 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/244920?rct=genpatsu
(2023年4月19日 東京新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
4月9日(日)は村井(NGO)、10日(月)は宇田川(神奈川)、11日(火)は細川(NGO)、12日(水)は大石(静岡)、13日(木)は宇田川(神奈川)、14日(金)は頼政(NGO)、15日(土)は鈴木(川崎)、16日(日)は村井(NGO)、17日(月)は細川(NGO)、18日(火)は増島(NGO)、19日(水)は大石(静岡)、20日(木)は宇田川(神奈川)、21日(金)は細川(NGO)、22日(土)は鈴木(川崎)、23日(日)は村井(NGO)、24日(月)は宇田川(神奈川)、25日(火)は増島(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日4月26日(水)は大石(静岡)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
4月27日(木)宇田川(神奈川)
  28日(金)頼政(NGO)
  29日(土)鈴木(川崎)
30日(日)村井(NGO)
5月 1日(月)募集中!!
  2日(火)募集中!!
  3日(祝・水)大石(静岡)
  4日(祝・木)宇田川(神奈川)
  5日(祝・金)募集中!!
  6日(土)鈴木(川崎)
*************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.955 [2023年04月08日(Sat)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL955(2023年4月8日)

坂本龍一さんが、3月28日に亡くなりました。その後の報道では脱原発、非戦、ダム反対、沖縄の新基地建設反対、明治神宮再開発問題など本当にその時々の社会問題に対して、臆することなく声をあげ続けていました。坂本龍一さんの魂の言葉をあらためてご紹介し、心に刻みたいと思います。

原発に関しては、「たかが電気のために、この美しい日本、そして国の未来である子どものいのちを危険に晒すようなことはするべきではありません。」

明治神宮外苑の再開発問題の樹木伐採に関しては、「目の前の経済的利益のために先人が100年をかけて守り育ててきた貴重な神宮の樹々を犠牲にすべきではありません」「いま世界はSDGsを推進していますが、神宮外苑の開発はとても持続可能なものとは言えません」「あなたのリーダーシップに期待します」と小池都知事に手紙を送ったという。

石木ダム建設に関しては、「美しい棚田が目を引き、ウグイスの鳴き声が聞けるぜいたくな場所」、「たとえ13世帯だけだとしても、その小さな公共を守れなければ、大きな公共も守れないのではないか」「町や人々が行政による施策の犠牲になる構図は近代ずっと続いてきた」

安全保障関連法案の改正に関して、「今の日本国憲法はアメリカに与えられたという声もありますけども、今この状況で民主主義が、憲法が壊されようとしている。ここに来て民主主義を、憲法の精神を取り戻すと言うことは、まさに憲法を自分たちの血肉化することだと思うんです。」「だから良くね、攻めてきたらどうするんだって言う人がいるけど、攻められないようにするのが日々の外交の力。それを怠っておいて軍備増強しようというのは僕は本末転倒だと思う」

沖縄新基地建設に関しては、「この美しい自然を壊してまで(新基地を)造る意義はない。多くの人もそう思うのではないか。埋め立て土砂投入は1%にとどまっており、まだ引き返せる」「この島にこれだけの基地があることが異常。本土と沖縄の間に差別があるように思えてならない」

このように彼のメッセージを読み返す中で、「声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには結局それしかないのだと思います」と言っていたことがとても心に響きます。心からご冥福をお祈りいたします。
            (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
「間に合わないことは許されない」…現場に無理命じて間違いだらけ申請書 日本原燃・六ケ所の再処理工場審査
https://www.tokyo-np.co.jp/article/242807
(2023年4月8日 東京新聞)

韓国野党議員が東京電力訪問 原発処理水放出の資料要請
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2023040601001871.php
(2023年4月6日 福島民友新聞)

敦賀原発2号機、安全審査を再び中断…資料に1000カ所以上の誤り見つかる
https://www.yomiuri.co.jp/science/20230405-OYT1T50092/
(2023年4月5日 読売新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
4月 6日(木)は宇田川(神奈川)、7日(金)は増島(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日4月8日(土)は鈴木(川崎)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
4月 9日(日)村井(NGO)
  10日(月)宇田川(神奈川)
  11日(火)募集中!!
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)宇田川(神奈川)
  14日(金)募集中!!
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)募集中!!
  17日(月)募集中!!
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.954 [2023年04月05日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL954(2023年4月5日)

東日本大震災から12年という時間の経過とともに、あの日の記憶が薄れ、まるでなかったことにされそうになりますが、前号でご紹介した森住卓さんの「浪江町津島〜風下の村の人々〜」(新日本出版社)著書では、原発事故の被害を受けた方が「テレビやメディアから聞こえてくるのは復興、復興だ。10年経ってんだから自立で、なんていう雰囲気なんだよね。でも、長くなれば長くなるほど大変になる人がいることを知ってほしいんだよね」という言葉が心に残りました。

「いつまでも、甘えてないで、自立できなくなってしまう」というような言葉を被災地ではよく耳にしますが、「自立」とは一体どんな意味で発しているのか、時々疑問に思います。28年前の阪神淡路大震災では、「自立とは、支え合いから」という言葉を学びました。それは、一方通行の支援ではなく、双方向に支え合う関係のことです。地震の直後に被災者は「やっぱ、人間しとってよかった。」とあらためて人は一人では生きていけないということ痛感したのです。
被災者の暮らし再建の速度はひとり一人違います。まして、福島第一原発事故では、暮らしを奪われ、帰りたくても帰れない人たちがいて、土地は放射能に汚されたままです。新しい生活環境になじめず、認知症が進んだり、精神的にも肉体的にも健康を悪化させてしまう人もいるのです。

暮らしや生業を奪われ、12年経っても暮らしがもとに戻るわけではなく、前述のように「長くなればなるほど大変になる人がいる」ということを原発回帰へ向かう中、もっと多くの人たちに関心を寄せてほしいです。トピックスでは、「原発に頼らない電気」として、飯館電力の取り組み記事を紹介しているので、ぜひご覧ください。
          (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
https://www.tokyo-np.co.jp/article/241716
坂本龍一さん死去 「人類史上最悪の原発事故 まだ収束していない2013年に本紙記者100人と対談」
(2023年4月2日 東京新聞)

鉄筋がむき出しに…核燃料の熱でコンクリートが溶けたか 圧力容器真下の土台が損傷 福島第一原発1号機
https://www.tokyo-np.co.jp/article/241172?rct=fukushima1
(2023年3月30日 東京新聞)

(社説)電力カルテル 自由化踏みにじる背信
https://www.asahi.com/articles/DA3S15597263.html?iref=comtop_Opinion_04
(2023年3月31日 朝日新聞)

「原発に頼らない電気」を風化させない 再エネ発信に力を入れる福島・飯館電力の思いとは
ttps://www.tokyo-np.co.jp/article/240838?rct=genpatsu
(2023年3月29日 東京新聞)

映画村『飯舘村 べこやの母ちゃん』公式サイト
https://iitate-bekoya.com/

*************************
*本日までのリレー仲間
3月24日(金)は増島(NGO)、25日(土)は鈴木(川崎)、26日(日)は細川(NGO)、27日(月)は宇田川(神奈川)、28日(火)は細川(NGO)、29日(水)は大石(静岡)、30日(木)は宇田川(神奈川)、31日(金)は村井(NGO)、4月1日(土)は鈴木(川崎)、2日(日)は細川(NGO)、3日(月)は村井(NGO)、4日(火)は頼政(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日4月5日(水)は大石(静岡)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
4月 6日(木)宇田川(神奈川)
  7日(金)募集中!!
  8日(土)鈴木(川崎)
  9日(日)募集中!!
  10日(月)宇田川(神奈川)
  11日(火)募集中!!
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)宇田川(神奈川)
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.953 [2023年03月23日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
……………………………………………………………………
VOL953(2023年3月23日)

浪江町津島地区、福島第一原発事故で、政府や自治体からのからの情報開示も、避難が出されたことも知らされずに、大人から子どもまで多くの人たちが被曝させられました。そこには、原発反対派の人、原発賛成派の人も同じように被曝しました。
森住卓さんの「浪江町津島〜風下の村の人々〜」(新日本出版社)という本の中で、2011年の事故が起こるまで、町の発展に原発を誘致をしてきた自民党町議員と原発に反対してきた共産党町議員が事故後に、被災者として、同じ立場となり福島原発事故津島被害者原告団の原告になったことが紹介されています。

以前、当センターの寺子屋勉強会でここ兵庫県に津島から避難してきた方の言葉を思い出しました。「原発に賛成でも、反対でも一切関係なく、被曝するのです。」という言葉。
そして、「原発反対は、賛成の人や子や孫まで守る心の広い、広い運動です。どんな罵りを受けても、その人の命と健康をまで守る広い、広い心の具体的な運動です。」と話してくれました。
最後に「わたしたちは間に合わなかったから、だからこそ共にご一緒に頑張って行きたいと思います」と。私たちは、まだあの日の3月10日にいます。この福島の教訓をしっかり受け止め、原発反対という心の広い運動をしていかなければならないと思います。
 (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
<東日本大震災12年>自主避難の苦悩(下) 区域違っても「苦労は同じ」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/237560
(2023年3月12日 東京新聞)

線量とがん、相関なし 福島医大、福島県内の甲状腺検査解析
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20230321-765447.php
(2023年3月21日 福島民友新聞)

福島・甲状腺がん訴訟 「原発事故影響、可能性ゼロではない」
原告陳述 東京地裁弁論
https://kahoku.news/articles/20230315khn000113.html
(2023年3月16日 河北新報)

浪江と富岡の復興拠点、避難指示解除正式決定
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20230323-765871.php
(2023年3月23日 福島民友新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
3月15日(水)は大石(静岡)、16日(木)は宇田川(神奈川)、17日(金)は細川(NGO)、18日(土)は鈴木(神戸)、19日(日)は村井(NGO)、20日(月)は頼政(NGO)、21日(祝・火)は細川(NGO)、22日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日3月23日(木)は、宇田川(神奈川)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
3月24日(金)増島(NGO)
  25日(土)鈴木(川崎)
  26日(日)募集中!!
  27日(月)宇田川(神奈川)
  28日(火)募集中!!
  29日(水)大石(静岡)
  30日(木)宇田川(神奈川)
  31日(金)募集中!!
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.952 [2023年03月14日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL952(2023年3月14日)

 東日本大震災から12年が経過した3月11日。いまだ避難している人は3万884人、ほとんどが福島第一原発事故関連の避難者の方たちです。しかし、この数字には避難区域以外からの自主避難者の人たちは含まれていません。なので、実際にはもっと多くの避難者がいます。
12年前のあの衝撃は忘れることはできません。「安全神話」が崩壊した日、まさか原発が…。

 酪農家が「原発さえなければ」と書き残し、農家を営む男性が「福島の野菜はもうだめだ」と自らいのちを絶ちました。また、避難によるストレスで重いうつ病になり、一時帰宅で焼身自殺をした女性など、次々に尊いいのちが奪われました。
この事故により私たちが当たり前のように使っている電気の陰で、多くの人たちの当たり前だった暮らしが破壊されたのです。
 先日、私たちのリレー仲間が久しぶりに参加してくれました。その時に「3月5日(日)にハンストリレーに参加させていただけますでしょうか。トルコ・シリアやウクライナで電気のない生活を強いられている人々にも想いを馳せたいと思います。」というメッセージを寄せて24時間リレーハンストに参加してくれました。もし、トルコで原発が爆発していたら、救援活動に支障をきたし、被害はもっと甚大なものになっていたでしょう。

 いま、WBCで活躍している佐々木朗希選手は東日本大震災で父と祖父母を亡くしています。彼が震災から10年の時に寄せたメッセージは「本当に、いつ当たり前の日常がなくなるか分からない。それがすごく怖い。毎日に感謝しながら一生懸命、生きていきたい」というものでした。
そして、震災から12年、原発回帰の方向へ舵を切る政権と生活費の高騰で、電力を原発に頼ることに賛成している人たちが増えています。わずか12年前に原発が爆発して過酷事故を目の当たりにした私たち、自然災害は止めることはできませんが、原発は人間の手で止めることができます。
温暖化による気候変動の影響で、地球全体が悲鳴をあげています。温排水を排出したり、汚染水を海へ放出したり、放射性廃棄物で自然を破壊する原発を動かすのではなく、毎日に感謝しながら、次世代へいのちのバトンをつなぐため、私は一生懸命に生きていきたい。

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!
                  (増島 智子)

トピックス
<東日本大震災12年>自主避難の苦悩(上)「自力しかない」と思い詰め
https://www.tokyo-np.co.jp/article/237400
(2023年3月11日 東京新聞)

原発事故、国の賠償認めず 仙台高裁判決、一審覆す 福島県いわき市民訴訟控訴審
https://www.minpo.jp/news/moredetail/20230311105443
(2023年3月11日 福島民報)

原発事故の教訓はどこへ…原発回帰を強める岸田政権 不十分な議論、再生可能エネルギーに消極姿勢
https://www.tokyo-np.co.jp/article/235879
(2023年3月11日 東京新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
3月3日(金)は増島(NGO)、4日(土)は鈴木(川崎)、5日(日)は浜田(名古屋)、6日(月)は頼政(NGO)、7日(火)は細川(NGO)、8日(水)は大石(静岡)、9日(木)は宇田川(神奈川)、10日(金)は村井(NGO)、11日(土)は鈴木(川崎)、12日(日)は村井(NGO)、13日(月)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日3月14日(火)は、増島(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
3月15日(水)大石(静岡)
  16日(木)宇田川(神奈川)
  17日(金)細川(NGO)
  18日(土)鈴木(神戸)
  19日(日)募集中!!
  20日(月)募集中!!
  21日(火)募集中!!
  22日(水)大石(静岡)
  23日(木)宇田川(神奈川)
*************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.951 [2023年03月02日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL951(2023年3月2日)

2月6日にトルコを震源に発生した地震により、トルコとシリア両国に甚大な被害が出ています。犠牲者はすでに5万人を超えてしまい、いまだ全容がつかめない状況です。地震大国トルコには3つの原発があり、今回の被害の酷かったアダナ県の横に位置するメルスィン県にはアユック原子力発電所があります。この原発の25qの近距離にはエジェミシュ断層があります。今回は幸いにも原発の被害はありませんでしたが、もしものことを考えるとどれだけの被害がでてしまうのか。福島第一原発の事故を想起します。

そんな中で、日本国内では脱炭素社会へのGX(グリーントランスメーション)に向けた基本方針を閣議決定しました。この方針の中には、次世代型原発の建て替え、運転期間60年超への延長、原発の「最大限活用」などが明記されています。しかも、このGX実現に向けた基本方針については、まだ現在経済産業省による全国説明・意見交換会が開催されている最中での閣議決定です。説明会自体はまだ終わっていないのです。これでは、そもそも何のための説明会で、アリバイ作りどころか、意見交換会の目的が理解不能です。

 間もなく、東日本大震災から12年を迎えます。福島で原発事故の被害に遭った人たちは、いまもなお、差別や分断に苦しみ続けています。裁判で闘っている人もいます。抗い続けているのです。12年経ったいまも・・・。

原発事故で兵庫県に避難してきた菅野みずえさんの言葉を引用します。
(GREENPEACEのHPより)
「原発がある限り、私の身に起こったことは、いつかあなたの、誰かのことになります。私は<3月10日>を踏み越えてしまった今を生きているけれど、あなた方はまだ<3月10日>の分岐点にいる。これ以上、子どもたち・若い世代に重荷を背負わせない方角はどっちか、大人がどうか考えてください。」

24時間ハンストリレーもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!
                  (増島 智子)

トピックス
「飯舘村 べこやの母ちゃん〜それぞれの選択〜」31日からフォーラム福島で上映
https://www.minpo.jp/news/moredetail/20230228105186
(2023年2月28日 福島民報)

処理水海洋放出「理解醸成進んでいない」と指摘相次ぐ 経産相に福島県内の若手漁業者
https://www.minpo.jp/news/moredetail/20230226105120
(2023年2月26日 福島民報)

論説 【震災12年原発事故関連死】命を守り抜くには(3月1日)
https://www.minpo.jp/news/moredetail/20230301105189
(2023年3月1日 福島民報)

*************************
*本日までのリレー仲間
2月4日(土)は鈴木(川崎)、5日(日)は村井(NGO)、6日(月)は細川(NGO)、7日(火)は村井(NGO)、8日(水)は大石(静岡)、9日(木)は宇田川(神奈川)、10日(金)は増島(NGO)、11日(土)は鈴木(川崎)、12日(日)は村井(NGO)、13日(月)は宇田川(神奈川)、14日(火)は細川(NGO)、15日(水)は大石(静岡)、16日(木)は宇田川(神奈川)、17日(金)は頼政(NGO)、18日(土)は鈴木(神戸)、19日(日)は細川(NGO)、20日(月)は村井(NGO)、21日(火)は細川(NGO)、22日(水)は大石(静岡)、23日(木)は宇田川(神奈川)、24日(金)は増島(NGO)、25日(土)は鈴木(川崎)、26日(日)は村井(NGO)、27日(月)は宇田川(神奈川)、28日(火)は細川(NGO)、3月1日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日3月2日(木)は、宇田川(神奈川)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
3月 3日(金)増島(NGO)
  4日(土)鈴木(川崎)
  5日(日)募集中!!
  6日(月)頼政(NGO)
  7日(火)募集中!!
  8日(水)大石(静岡)
  9日(木)宇田川(神奈川)
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(川崎)
  12日(日)募集中!!
  13日(月)宇田川(神奈川)
*************************
遠野物語 [2023年02月23日(Thu)]
東日本大震災の被災地からトルコ・シリア大地震の被災地へのメッセージをお届けします。

------------

東日本大震災から来月の3月11日で12年を迎えます。仏教でいうところの13回忌になります。そんな矢先に起きたトルコ・シリア大地震に被災地の人たちは本当に他人ごとではないと胸を痛めています。私自身も、テレビから流れてくる映像をみて、いま被災者の人はどんな気持ちでいるんだろう。これまでの被災地で被災者の方から聴いたことを思い出し、私も胸が苦しくなりました。

 あの津波から12年という月日が経つ中で、これまでたくさんの災害が各地で起きて、まるで上書きされるように「過去」の災害が人々の心の中の記憶から薄れていきます。でもいくら年月が流れようと、被災された方にとっては忘れたくても忘れられない辛い体験です。

ふと、岩手県陸前高田市の被災者の方からお電話が。。。ちょっと声のトーンが元気ないような気がしました。トルコとシリアでおきた地震のことをテレビで見て、「何か、私もできないかしら。手芸が得意だし、何か作って被災地を応援したい」と言ってくれました。いろいろお話をしていると、「明日は我が身だなぁって、津波に遭ってはじめて人の痛みがわかったの。最近はこちらでも大きくはないんだけれど、小さな地震が頻繁に起きていて心配なの。今年は干支でいうとうさぎ年、震災から一周して今年が12年目のうさぎ年で、なんていうのか考えたくないけど、不安になってしまう。今日は一日こうして無事に過ごせたなって毎日思うのよ」って、話してくれました。

  当時、仮設住宅にお邪魔してまけないぞうづくりのしている時に出会ったお一人です。神戸大学の学生が被災地に通って、被災者との交流を深めていました。その方は、学生やボランティアの人たちに何も返すものがないのでと、小さなまけないぞうを作ってお礼としてプレゼントしていました。

 まけないぞうという手芸を通して、それまで手芸などしたことのなかったその人が、まけないぞうがきっかけで、手芸グループのリーダー的存在になり、コミュニティが広がり、彼女にとっても生きがいのようなものが芽生えたのです。


 仮設から復興住宅に移り、仮設住宅で培ったコミュニティがバラバラになってしまったのですが、月に一度ほどみんなで集まって手芸をしたりしています。いまでもまけないぞうが被災者のみなさんの心に寄り添っています。

 トルコ・シリアの被災地にも東日本の被災地からの想いがとどきますように!!
(増島 智子)

NO4_R.jpg

NO3_R.jpg

NO2_R.JPG

NO1_R.JPG
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.950 [2023年02月03日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL950(2023年2月3日)

 寒い日が続く中、光熱費の高騰、食料品の値上げラッシュなど家計の負担が増大しています。これまでも便利で安いものも手に入り、世界中から様々品物が手軽に買えるようになりました。自分たちで買い物に行かなくても、ご飯を作らなくて、スイッチひとつでお風呂に入れたり、エアコンで涼しくも、暖かくもなり、ポチっとすれば、食べ物も商品も届くようになり、とっても便利な世の中になりました。けれど、一方で私たちは間接的にたくさんのエネルギーを使っています。
 
いま、読んでいる本『ナマケモノ教授のムダのてつがく〜「役に立つ」を超える生き方とは〜』辻信一/さくら舎 という本があります。みなさんはナマケモノをイメージすると木の上でのんびり生活しているイメージが思い浮かぶと思います。そんなナマケモノですが、この本の中では「ムダ」がないと言われています。動作が遅いのは筋肉が少ないから、エネルギーをなるべく使わずに、葉っぱだけを食べて生きられるように進化しているとか、動くものを追う習性のある猛獣や猛禽類から身を守るためにめったに動かないとか、動く範囲はとても小さな領域だけだそうです。そして、また、一週間に一度くらい危険な地面に近づいて、木の根元に穴を掘って糞をするそうです。「それはナマケモノが食べ物である葉っぱを供給してくれている木の根元に糞をすることで、もらった栄養をその木の根に確実に返そうとする涙ぐましい行動なのだ」と紹介しています。
 そう思うと、私たち人間は、自分たちの能力以上に動き回り、世界中からたくさんのものを手に入れ、食べ物は食べきれないくらい作り、ゴミとして廃棄し、多くのエネルギーを消費していることに気づかされます。

 また、筆者は「モノを少なくして、そのモノにまつわる時間と空間を節約する。その節約を可能にするのは、ITをたっぷり駆使した都市的なライフスタイル。ぼくは時々断食をするのが好きなのだが、それは食べることから自由になるためではなく、逆に、食べることの意味を考え直し、食べ物への感謝の思いを更新するためだ」と話しています。
 
 人間も少し“ナマケモノ”を見習ってみてはいかがでしょうか?

  24時間ハンストリレーもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!
                            (増島 智子)


トピックス
岸田首相、教えて?「なぜ防衛費をあげるのですか?世田谷区の小学6年生たちが質問の手紙
https://www.tokyo-np.co.jp/article/229015
(2023年2月3日 東京新聞)

CO2排出を減らしながら温暖化アニメ制作へSTUDIO4℃の挑戦、世界のファンら共感「希望の物語に」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/228680
(20232月3日 東京新聞)

「全国的議論に」「理解得て」福島評議会、処理水で意見
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20230203-756041.php
(2023年2月3日 福島民友新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
1月22日(日)は細川(NGO)、23日(月)は村井(NGO)、24日(火)は細川(NGO)、25日(水)は大石(静岡)、26日(木)は宇田川(神奈川)、27日(金)は頼政(NGO)、28日(土)は鈴木(川崎)、29日(日)は村井(NGO)、30日(月)は増島(NGO)、31日(火)は石塚(神戸)、2月1日(水)は大石(静岡)、2日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日2月3日(金)は、村井(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
2月 4日(土)鈴木(川崎)
  5日(日)募集中!!
  6日(月)募集中!!
  7日(火)募集中!!
  8日(水)大石(静岡)
  9日(木)宇田川(神奈川)
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(川崎)
*************************