• もっと見る
« 2016年01月 | Main | 2016年03月»
脱原発ハンスト”ニュースVOL.605 [2016年02月26日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL605(2016年2月26日)

一昨日、運転開始から40年を超えた高浜原発1号機・2号機の新基準適合するとい うことが認められました。規制委員会の田中俊一委員長は各紙で以 下のような ことを述べています。

「40年になる原発の審査の第一関門の大きなところはクリアされたと思う。我々 も厳しい要求を突きつけて、事業者が最大限対応されてきた」 (2016/2/25朝日 新聞)
「(老朽原発も)費用をかければ技術的な点は克服できる」(2016/2/25東京新聞)

どうして、こうも40年を超える原発の延長を急いだのでしょうか。それはみなさ んもご存知かと思いますが、高浜原発1・2号機は今年の7月で廃炉 を迫られま す。昨日24日の毎日新聞では「規制委が審査を急いだ背景には『時間切れで廃 炉』の事態を避ける狙いがある。2基は7月に法的なタイム リミットを迎える。 審査が長引いて廃炉になれば、電力会社から訴えられるリスクを抱えることにな る。政府にとっても、2030年度の電源構成で原 発比率を20〜22%とする方針を 守るには老朽原発の運転延 長が不可欠で、廃炉を避けたいのが本音だ。」と伝 えています。

東日本大震災から間もなく5年を迎える被災地で共同通信が行った被災3県(福 島・宮城・岩手)の各県100人のアンケート結果では、生活再建が進 んでいない と思っている人が40%もいて、原発の廃止を8割越えの人が回答しています。こ のような市民の声を電力会社や政府はどう受け止めている のでしょうか?各紙 原発40年ルールの形骸化だと懸念を示しています。

東京新聞の社説では(2016/2/25)では「原子力規制委員会は例外を認める条件 として、通常より格段厳しい特別点検や安全対策の大幅な強化 を義務付けては いる。しかし、心臓部は交換不能、新しい部品のつなぎ目から問題が生じる恐れ があるとの指摘もある。補修による延命にはやはり、限 界があるとは言えない か。経済産業省が昨春示した30年の電源構成(ベストミックス)案は、総発電量 に占める原発の割合を「20〜22%」と見込 んでいる。40年寿命を守っていて は、達成できない数字である。例外規定の背後には、福島の教訓放棄、安全神話 の復活、そして、新増設をも視野に 収めた原発回帰の未来が透けて見えない か。」と述べています。

家族を、故郷を、何もかもを奪われた人たちの言葉が想いが心に響きます。
(増島 智子)

*トピックス
原発事故の説明もなく「逃げろ」情報なき避難を証言 本社で座談会
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016022690070725.html
(2016年2月26日 東京新聞)

<検証福島の海>船離れ加速の懸念も
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160226_63008.html
(2016年2月26日 河北新報)

除染廃棄物保管場を公開 大熊・双葉の中間貯蔵施設予定地
http://www.minpo.jp/news/detail/2016022529129
(2016年2月25日 福島民報)

*2月、3月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
****************************
*昨日までのリレー仲間
2月22日(月)は鈴木(川崎)、23日(火)は岡本(たつの)、24日(水)は大 石(静岡)、25日(木)は門野(神戸)がつなぎま した。

*今日のリレー仲間 
本日2月 26日(金)は、後藤(石川)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月27日(土)は、村井(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレーの予定
  2月28日(日)募集中!!
    29日(月)東條(神戸)
  3月 1日(火)募集中!!
    2日(水)大石(静岡)
    3日(木)募集中!!
    4日(金)募集中!!
    5日(土)募集中!!
    6日(日)募集中!!
    7日(月)募集中!!
    8日(火)募集中!!
****************************