• もっと見る
«”脱原発ハンスト”ニュースVOL.967 | Main | ”脱原発ハンスト”ニュースVOL.969»
脱原発ハンスト”ニュースVOL.968 [2023年12月12日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL968(2023年12月12日)

 私たちの生活は、本当に便利になりました。電気はスイッチ一つで明るくなり、水道をひねれば水が出て、ガスをひねればお湯が沸きます。町中にコンビニエンスストアができて、必要な物はすぐに手に入ります。ほとんどの人が携帯を持ち、SNSが発達し世界中いつでもどこでも連絡がとれます。本当に豊かになりました。

 けれど一方で、国内では水害が後を絶たず、豊かになったはずの日本には子ども食堂が7,000ヶ所を超えています。子どもの貧困、格差などは深刻です。世界では紛争が後を絶たず、干ばつや水害、森林火災など自然災害もが頻発しています。

カナダ在住の作家・活動家のカレ・ラースンは「新しい資本主義はどうあるべき」というインタビュー(2023年8月20日西日本新聞)に以下のように答えています。

**************************
「典型が心の病の広がりだろう。GDPが拡大し、物質的に満たされていても、なぜか不安にさいなまれる。胸の奥に虚無感が巣くい、絶望がまとわりつき、鬱などの気分障害を抱え込む」

「新自由主義の価値観から脱却し『物質的成長』より『精神的成長』に目を向けることが必要だ。そうしないと、貧富の格差を正すことも、気候変動に対することもできない。」

「一つには物への執着を改めることだ。山ほど買い込む代わりに、もっと人とつながり、そこに安寧を求める。家族だんらんを楽しんだり、地域に関わったり。社会の絆を求めてもいい」

「私は反格差の『ウォール街を占拠せよ』だけでなく、過剰消費を見直すために『何も買わない日』などの運動にも取り組んできた。それら全てが絡み合って価値観の転換を招き寄せると信じているからだ」

「日本には『もったいない』という言葉がある。成長至上主義に代わる心のありようだろう。」
**************************

 福島第一原発の事故から12年。原発由来の電気を私たちは湯水のごとく使ってきました。福島の被災地では、自然豊かな暮らしをしていた人々、当たり前に川に釣りに行って魚を食べ、何十年もかけて有機栽培にこだわり美味しい野菜を作っていた人、丹精込めて家族同様に育てていた牛飼いの人、家族とともに幸せに暮らしていた人、そんな当たり前の生活を私たちの豊かな暮らしのために奪ってしまいました。

豊かさとは何か?昔、ガンジーが近代の工業化・機械化は「人類にとって、禍根を残すものであり、必ず災いを招く」と説いていたことを私たちは、もう一度肝に銘じなければならないと思います。   
                  (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
福島第一原発で作業員内部被ばくか(福島)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c19a01d8b1346b270500f47952753d1ca698d70
(2023年12月12日 福島放送)

化石燃料「廃止」言及せず COP28文書案、批判も
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2023121101001702.php
(2023年12月11日 福島民友)

**************************
*本日までのリレー仲間
12月5日(火)は細川(NGO)、6日(水)は大石(静岡)、7日(木)は宇田川(神奈川)、8日(金)は増島(NGO)、9日(土)は鈴木(川崎)、10日(日)は村井(NGO)、11日(月)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日12月12日(火)は、増島(NGO)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
12月 13日(水)大石(静岡)
   14日(木)宇田川(神奈川)
   15日(金)募集中!!
   16日(土)鈴木(川崎)
   17日(日)募集中!!
   18日(月)募集中!!
   19日(火)募集中!!
   20日(水)大石(静岡)
   21日(木)宇田川(神奈川)
**************************
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント