• もっと見る
«脱原発ハンスト”ニュースVOL.955 | Main | ”脱原発ハンスト”ニュースVOL.957»
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.956 [2023年04月26日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL956(2023年4月26日)

ドイツが脱原発を完了させました。ドイツは1970年代から原発の反対運動が盛んで、1986年のチェルノブイリ事故がそれに拍車をかけました。その後、原発擁護派だったメルケル首相は、福島の第一原発事故後「福島が私を変えた」と、脱原発に大きく舵を切ったのです。それから12年で、脱原発を完了させました。現在再生エネルギーの割合は、2011年から見ると17%から45%にまで達しています。日本の再生可能エネルギーの割合は2011年が2.6%で12年経ったいま22.4%となっています。

例えば、水力発電でノルウェーは95%、アイスランド70%、ブラジル60%、カナダ50%などの発電量を占めています。この中のアイスランドでは、地熱が30%で水力が70%でほぼ100%再生可能エネルギーで原子力発電も火力発電もありません。
ダムの専門技術者が「日本でもいまあるダムを使えば、現在の水力発電量を2倍、3倍に増やすことができ、純国産で全く温室効果ガスを発生しない電力を、毎年、金額に直して2兆円から3兆円分も増加させることができる」と断言しています。

 水力発電や地熱発電など日本の地形や地質を生かせば、まだまだ再生可能エネルギーの発電量は増やせるはずです。そのための法改正や運用方法を改める必要があると思います。
しかし、現在日本政府は原発回帰へとGX関連法案「たばね法案」ともいわれる関連法案を提出しています。原子力基本法を改正して、原発を使い続けるための「国の責務」やそれを推進するための施策、運転期間の延長などを盛り込み、原発を推進するような内容なのです。

私たちは福島第一原発事故を教訓に、原発事故を繰り返さないようにすることが、将来の世代への「国富」を残し、本来の「国の責務」だと思います。2014年福井地裁で大飯原発差し止め判決を言い渡した樋口英明元裁判官が「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富でありこれを取り戻すことができなくなることを国富の喪失である」という判決文をもう一度かみしめたい。
          (増島 智子)

 24時間リレーハンストもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!

トピックス
福島第一原発の汚染配管撤去作業、6日ぶり再開も…また失敗切断装置のブレーカー落ちる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/246231?rct=genpatsu
(2023年4月25日 東京新聞)

福島第一原発の土台損傷 原子力規制委員長「もっと早く対応するべきだった」東電に不満
https://www.tokyo-np.co.jp/article/246203?rct=genpatsu
(2023年4月25日 東京新聞)

<13年目の被災地を再び巡る 福帰行>大熊で生きる牛 無人の大地で今日もモ〜モ〜 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/244920?rct=genpatsu
(2023年4月19日 東京新聞)

*************************
*本日までのリレー仲間
4月9日(日)は村井(NGO)、10日(月)は宇田川(神奈川)、11日(火)は細川(NGO)、12日(水)は大石(静岡)、13日(木)は宇田川(神奈川)、14日(金)は頼政(NGO)、15日(土)は鈴木(川崎)、16日(日)は村井(NGO)、17日(月)は細川(NGO)、18日(火)は増島(NGO)、19日(水)は大石(静岡)、20日(木)は宇田川(神奈川)、21日(金)は細川(NGO)、22日(土)は鈴木(川崎)、23日(日)は村井(NGO)、24日(月)は宇田川(神奈川)、25日(火)は増島(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日4月26日(水)は大石(静岡)の1名が行っています。

*今後のリレー仲間
4月27日(木)宇田川(神奈川)
  28日(金)頼政(NGO)
  29日(土)鈴木(川崎)
30日(日)村井(NGO)
5月 1日(月)募集中!!
  2日(火)募集中!!
  3日(祝・水)大石(静岡)
  4日(祝・木)宇田川(神奈川)
  5日(祝・金)募集中!!
  6日(土)鈴木(川崎)
*************************
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント