CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ビジョンに向けて 社会人〜MBAホルダー〜ベンチャーキャピタリスト〜への奮闘気

 ベンチャーキャピタリストになり、日本のベンチャー企業支援インフラのあらなる発展に寄与することを将来の夢とする私が、様々なベンチャー企業についての情報発信をしていきます。ベンチャー企業には、様々なドラマがあると信じています。起業家たちの並々なる熱意、そして汗水流し努力する姿を知れば、応援したいと思う人が多いはず。「ないない尽くし」といわれるベンチャー企業を少しでも支援することがこのブログの目標です。

そのためのロードマップのひとつのMBA取得に関しても情報発信!!ともに自己修養を!!


<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hideki tanimura
There is a will, There is a way (01/24)
hideki tanimura
There is a will, There is a way (01/24)
えんどう
GMAT2回目 受験 (01/21)
みや
GMAT2回目 受験 (01/20)
TOMO
GMAT2回目 受験 (11/12)
enari
GMAT2回目 受験 (11/02)
endo
GMAT1回目 結果 (10/03)
YA@大阪
GMAT1回目 結果 (09/29)
最新トラックバック
Jobsが若き人材のために [2010年01月12日(Tue)]
AppleのSteve Jobsさんは、若者のために以下のようなこともしていたのです!恥ずかしながら知りませんでした。。。


KPCB社の「iFund」はマーケットに変化をもたらす、革命的なiPhone/iPod touchプラットフォームのアイデアやプロダクトに資金提供をする投資イニシアチブです。「iFund」は投資のサイズとステージについて不可知論で、アプリケーション、サービス、コンポーネントを開発する会社に投資します。特に位置情報サービス、ソーシャルネットワーク、モバイルE-コマース、コミュニケーション、エンターテインメントの分野に期待しています。そして、iPhone/iPod touchプラットフォームをもって独立した永続的な会社を築くことを目指す、変化に対応できる衝撃的なアイデアを追求する革新者を支持します。

(中略)

「iFund」はKPCB社によって管理されます。AppleはKPCB社にマーケットインサイトおよびサポートを提供します。

 
[VALLEYWAG.COM]より引用


i phoneユーザーは、大変多いですし、その上で動くアプリには、いろいろなニーズがあります。「これあったら便利。」「このアプリのここが使いずらい。」などなどニーズの宝庫です。それを若き有能な人材を刺激することで補填し、i-phoneの利便性を高め、smartphone業界でのプレゼンスを強めることも目的でしょう。これは、若い人の大いにモチベートにもなりますし、smartphoneテクノロジーの革新的な発展にもつながるでしょう。さらに、このファンドを率いるのが、かの伝説のジョン・ドウア率いる最強ベンチャーキャピタルのひとつであろうクライスナー・パーキンズ(ドンだけすごいのかは、知らないミーハーですが、、、)!!さすが、ジョブスさん抜かりなしです。感激。
モチベーション [2009年12月04日(Fri)]
久しぶりにおもろーなプレゼンを聞きました。友人に紹介されて。(ありがとうNJさん)

こちらのURLより

http://www.ted.com/talks/lang/jpn/dan_pink_on_motivation.html


ダニエル・ピンクの「やる気に関する驚きの科学」


内容は、ビジネスの世界(現実)と社会科学(机上)との間に人間のインセンティブに不一致があるというもの。

人間は、エコノミックアニマルじゃなくて、、、、といったホーソン実験うんぬんで聞いたような聞かないようなものですが、注目すべきはダニエルのプレゼンスキルです。シンプル・vicarious・実例の適切なチョイス。D.カネーギーの教科書に出来そうな雄弁家です。本当に魅力的です。

この人の話のかなで、人間のインセンティブとしてautonomy(自治)の重要性をあげていますが、この要因には大いに賛成。

選択の自由、幸せを追求する自由、人間は自由が大好きです。僕も多数にもれず、自由がすきです。やりたいことをしたいし、いやなことはいや。

日本のビジネスの世界(特に保守的な会社の人には)では、与えられたことを継続することが美徳として考えられていると思います。そのパラダイムの中では、「仕事はじきにおもしろくなるもの」、「これをやるしか選択がないからやる」といった考えをされる方もいると思います。

そういう価値感の良し悪しは、完全に人に依存するとして、その一方で、「愛すること。」、「やりたいこと。」をやることに価値観を置く人もいます。会社の中で人々にproductivity, creativity, integrityなどを求めるならば、後者の価値観を刺激するようなインセンティブを与えるべきだそうです。

「会社がつまらない。」そういうことを言うと、「その人に問題があり!」とか「甘えるな!」といった意見を持つ方もいますが、本当にそうでしょうか?

僕の親愛なるSteve Jobsは、スタンフォードの伝説のスピーチで、鏡に映る自分をみて、「明日あなたは死にますが、それでも今からしようとしていることをしますか?」とたずねなさいと喚起しています。その質問に「いつか、たのしくなるだろう!」、「仕事だからやる!」と自分の真なる声に背いたままで"yes"といえるでしょうか?これは、決してemotionalな考えではなく、objectiveな考えだと思います。

ある企業家は、大企業に勤めてなおベンチャー企業というentityに惹かれている僕に、「チキンやろう、大企業なんて辞めちまえ。びびったんだろ?」と心理をつく、痛烈なアドバイスをくれました。

Big Pictureを見出せず、ミクロな焦点のみ、short termでの結果を求めがちな我々ですが、冒険にでかけましょう!

またある人に言われたのは、「短期の結果で一喜一憂したいのは、それが楽でその快楽におぼれたいからだけじゃないの?本質を探すのが億劫で、ただ「人」に、「トレンド」に流されているだけじゃないの?そういう人は、マーケットでもそうだけど”損”をする人じゃないかな?”やること”に意義はないよ、”やりたいこと”に意味があり、達成したときにのみ”意義”深いものになる。」と若干きどって、指導してくれました。

こういった考えは、国力にもつながるでしょう。中国との国際競争で日本が大きくbehindをとるだろうとかんがえられているのには、このパラダイムも大いに関係しているはずです。再再生(re-ルネッサンス)を!
目標に向けての施策 [2008年11月03日(Mon)]
以前、目標に向けて動き出していると言いましたが、具体的には、、、

1、MBAに向けて予備校を探しております。
まだ、ネット上のみですが、今週、来週中には実際に足を運びたいと思います。

2、勉強道具をそろえる。
単語帳・・・・・・・TOEFLテスト英単語3800

リスニング・・・・英語リスニング・クリニック

文法・・・・・・・・はじめてのTOEFL―必ず出題される基礎文法集中攻略
         TOEFL test 620点―実戦型文法完全制覇マニュアル

リーディング・・・英字新聞orVenture Beat

3、予定を立てる
スケジュール作成中です。
来年中にはTOEFLの点数自体を合格基準に上げたいと思います。
アリババ [2008年10月18日(Sat)]


今大注目のアリババのジャック・マーさんのスピーチです。
大変勉強になります。
中国熱い!
とにかく見てください。英語の勉強にもなるよ。

こちら!!
ベンチャー社長 [2008年08月30日(Sat)]
ベンチャー企業の社長とお話しする機会を先輩のおかげで持つことができました。
明け方まで永遠と話していました。いやぁー惚れ惚れしました。
勢いだけ!と思われがちなベンチャー企業の社長ですが、
完全にクールです。グレイトでした。

彼のクールな所(私見)
1、しっかりしたビジョンとそれまでのプランがしっかりしている点。
それもかなり詳細。また、その根拠に使用されている情報は、
自分の足で稼いできたもの(一番信用できるからだそうです)
である点。

2、幸せの定義がしっかりしている点。

3、どんなことに対しても自分の哲学を持って取り組んでいる点。

4、寛容。

5、深い内容を自分の言葉を使いわかり易く説明できるコミュ能力。

6、知識豊富!

ご馳走様でした。
人との出会いは大切です。そういう人ともっと出会えるように精進しなくてはいけません。
ファイヤ!!

手帳の使い方 [2008年08月21日(Thu)]
一週間の予定を毎週日曜日に作成しています。

注意点は、
1、長期的な目線で重要なものにフォーカスする点。
2、達成度評価しやすい目標を立てること。
3、スケジュールは、必ずバッファ(余裕)をもたせること。

この注意点に従って、作成したスケジュールにその日の終わりに
青ペンでも赤ペンでもいいので、実績値を付けていきましょう。
そうすると、自分の立ち位置がしっかり把握できます。
ロードマップをしっかり歩むためのコンパスみたいなものになると思います。
お勧めです。
松下幸之助 [2008年05月12日(Mon)]
経営の神様と呼ばれる松下幸之助さん。
偉人にも関わらず、その物腰は低く、謙虚な方だったと言われていますね。

そんな松下さんは、とても苦難な人生を味わっていたようです。
それでも夢を追いかけた彼についてもっと深く知らねばならないと感じました。
自分の甘さを再確認しました。
また、燃えよう!そう思いました。

そんな苦難な彼の人生の一部を知れる記事はこちら

起業家のセミナーを聴きに行きたいです。どこかないでしょうか???
だれか教えてください!!

遠藤正人
ベンチャーマインドを浴びて [2008年04月30日(Wed)]
以前の記事で紹介した飲み会でベンチャーマインドを感じてきました。

忙しい方が多く、結局夜10時半というトレビアーンな時間から開催された集い。

その中で感じたベンチャーマインドを持つ(私見)人の共通点を三つあげておきます。

1、「あなたの幸せは何?」という質問に対して、具体的に答えられる。

2、自分の属するコミュニティーに対して何らかの良いアクションを起こしたいと考えている。

3、タフ+鈍感力=太陽
太陽と比喩したのは、彼らと一緒にいると常に明るくいられるからです。逆境の中にも光を見つけようとするどうバイタリティーの強さを感じました。

この会に参加できるきっかけをつくってくれた先輩に感謝です。
ありがとうございました。
Googleを超える日本発ベンチャー企業?? [2008年03月28日(Fri)]
Googleレベルの学生が起業した会社があるそうです。

詳細記事はこちら

実に嬉しい記事です。アメリカのトップスクールと比べると起業家志向が低いと言われる日本のトップスクールの学生ですが、捨てたものじゃありません。こういう人たちが増えなくてはいけません。
しかも、1年間無給でがんばるといった精神力。脱帽です。
こういう人たちが増えれば日本の未来は明るいはずです。
Steve Jobs の有名な演説 [2008年03月16日(Sun)]
前にお話したSteveの演説がyoutubeにあったのでお知らせします。
見てください。良いこと言っています。

Steve jobs speech in Stanford



| 次へ