CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ビジョンに向けて 社会人〜MBAホルダー〜ベンチャーキャピタリスト〜への奮闘気

 ベンチャーキャピタリストになり、日本のベンチャー企業支援インフラのあらなる発展に寄与することを将来の夢とする私が、様々なベンチャー企業についての情報発信をしていきます。ベンチャー企業には、様々なドラマがあると信じています。起業家たちの並々なる熱意、そして汗水流し努力する姿を知れば、応援したいと思う人が多いはず。「ないない尽くし」といわれるベンチャー企業を少しでも支援することがこのブログの目標です。

そのためのロードマップのひとつのMBA取得に関しても情報発信!!ともに自己修養を!!


<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
hideki tanimura
There is a will, There is a way (01/24)
hideki tanimura
There is a will, There is a way (01/24)
えんどう
GMAT2回目 受験 (01/21)
みや
GMAT2回目 受験 (01/20)
TOMO
GMAT2回目 受験 (11/12)
enari
GMAT2回目 受験 (11/02)
endo
GMAT1回目 結果 (10/03)
YA@大阪
GMAT1回目 結果 (09/29)
最新トラックバック
ベンチャービジネス論の講義感想 半期でstep upできた自分 [2006年07月15日(Sat)]
今回は私がこのブログを開設・運営するきっかけになった講義のお話です。
明治大学商学部「ベンチャービジネス論」 久米 信行先生 講義
が今日のお話の主人公です。

感想、この講義で得たもの、この講義への要望の三つについてお話いたします。

1、感想
大学三年に進級して、ようやく自分の興味のある講義が増えました。その一つがこの講義でした。経営者になりたい、ベンチャー企業を起業したい私にとってこの講義は願ってもないものでした。授業も経営者である久米先生が行うということでやる気まんまんでした。

しかし、やる内容が「ブログで起業」ということで、ブログを知らないどころかあんまりパソコンに詳しくなかった私は、少し不満を抱いていました。しかし、何事もチャレンジだ!ということで取り組んだブログ。最初は更新するのが大変でした。それでも自分のペースで続けたブログ。今では自身のあるブログになっています。達成感を感じています。また、久米先生のブログ道を歩いていった結果、人に自慢できるブログになりました。始めた当初と比べると大分成長したな思えるブログになりました。

また、経営者と対話ができる「明大生との毎週一問百答」では、本当に良い経験をさせてもらいました。滅多にないこの経験はこれから起業を目指す私にとって素晴らしい経験になりました。

さらに、この受講生の方々の人の良さにも感動しました。この講義でしか会わない人なのに挨拶をしてくれる。とても些細なことですが、とても感動しました。そんな方々と講義を受けれて幸せでした。

2、この講義で得たもの
「商いの心」です。最初は、ビジネスに関する新しい考え方を教えてもらいたいと思っていました。ベンチャービジネスのイメージも新しいものといったイメージを抱いていました。ですので、久米先生の言う「三方良し」などの考えにはピンときませんでしたし、古いもので私が学びたいものじゃないといった間違った考えすら抱いていました。しかし、この講義を受講していくうちに久米先生の考えの本質が掴めてきました。その結果、新しい考え方も「商いの心」あってのことだと思いました。商いをする上で大切なことを学ぶ事ができました。

次に「継続的思考」です。ブログを続けるのは大変でした。どうしたらブログを読んでくれる人を増やすことができるか考えました。とにかくブログを通して色々なことを考えました。そうすると知らないうちにブログ以外のことにも興味を持ち、自分なりに色々考えるようになっていました。経営者の方もおっしゃっていましたが、考えることは大切です。それができるようになったのです。これは、今の私の強みだと思っています。

最後に「縁者」です。寺田さんを初め色々な素晴らしい経営者と出会えました。これは何事にも変えがたい経験です。また、そんな方々のブログを拝見させていただくことは非常に勉強になりました。

3、要望
個人的なことになってしまうのですが、私は今年の8月からアメリカの大学に一年間留学します。そのために後期からの講義がでれません。後期の講義を取りたいのでぜひ来年もこの講義を続けていただきたいです。また、「明大生との毎週一問百答」は質問する人が若干少ないですが、起業を目指す人にとっては素晴らしい機会だと思うので続けていってほしいです。


遠藤正人商店店長 遠藤正人 「前期講義は実り多いものでした。」
<masato61162000@yahoo.co.jp>
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
>寺田様
コメントいただきありがとうございます。
とてもうれしいコメント本当にありがとうございます。
寺田さんの一言一言しっかり大切にしようと思います。
今はチャンスの時期と思い頑張っていきたいとおもいます。
ありがとうございました。
また、これからもブログ拝見させていただきます。
Posted by:遠藤正人  at 2006年07月16日(Sun) 23:29
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。
興味を持つ、チャレンジする、継続する、感謝する。そして夢を持つ。
素晴らしいブログを拝見させていただきました。遠藤さんは何か大きな気付きをいっぱい短期間で習得されていっているようですね。 人はチャンスの瞬間が誰にでもあると思いますがそこに「えいや〜っ」っと一歩踏み出せるかどうかの些細な違いかと思います。 背伸びはいらないと思いますが。大学時代を意味深い時間にしてください。
Posted by:寺田 元  at 2006年07月16日(Sun) 22:16