CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

マット運動 [2019年06月19日(Wed)]
こんにちわ晴れ
今日はストレッチポールを使った運動を行いました。

P1580980.JPG

PT K職員より
ストレッチポールの効果について説明

P1580986.JPG

1.筋肉がゆるむ
 ストレッチポールに寝てゆっくり呼吸することで、胸・肩
 太ももといった緊張しやすい筋肉が腕や足の重さで自然と
 ストレッチグッド(上向き矢印)

2.背骨が整う
 丸まっている背中が適度なカーブに戻り反り腰は改善され
 骨盤は適切な角度になります。

3.呼吸が深くなる
 寝ることで背骨のみで身体を支えることになり、肋骨が
 開きやすくなる。

4.副交感神経優位になる
 筋肉を暖め、呼吸をしやすくする働きがあるため
 副交感神経働きやすく、身体がリラックスモードに
 なります。

 職員の指導のもとストレッチポールに寝てみましょう

P1580987.JPG

P1580989.JPG

両腕を床の上を滑らせるように胸の高さまで広げるなど
3つの予備運動を行ってから主運動に入りました。

P1580995.JPG

P1580996.JPG

最初はバランスを取るのが大変そうでしたが、運動を
続けている間に自然とバランスを取ることができように
なっていました。

職員の指導のもと、お客様もとても真剣に
ストレッチポール運動を行っていました。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント