CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
WCPの実践ーPC指導 [2011年09月22日(Thu)]
この数か月行われていたWCP(ワークチャレンジプログラム)。

WCPは、「矢嶋さんはこうしました」という場面を設定して、
それは「なぜか?」「どうするべきか?」を考える座学です。

例えば
・なぜ指示通りにしなければいけないのか。
・なぜ報告が必要なのか。
・指示通りに進まない場合、報告や確認をする必要があること。
・姿勢が悪いとどんな印象を与えるか。(他にもたくさんあります)

PC指導場面でもWCPを応用して、メンバーさんたちの実践が始められています。



それまで「指示」よりも自分の思いを貫きたかったメンバーさん。

自分のアイデアが通った途端、
メンバーさん  「でも、やっぱりいいです。元通りにします。」
トレーナー   「指示は○○です。指示通りにしましょう。」
メンバーさん  「あっ、はい。分かりました」(シャキーン!)

今までなら「でもでもでもでも」と始まり、「やめます」となってしまう場面でしたが、
『指示』というキーワードで切り替えることが出来ました。



「報告」の仕方が良くなったメンバーさんもいます。

(立って、私の机まで来て)メンバーさん「トレーナー、終わりました。」と。
今までは、後ろを通る私に、チョロッと振り返り
「あっ、トレーナー、終わりました」と言い、すぐ顔をPC画面に戻していました。



見本通りに文書が作れない時、違うものに変えて終わらせていたメンバーさん。
できない時は「分からないので、教えて下さい」と、質問することができました。



姿勢を正すようにジェスターしただけで、
素直に応じることが出来るようになったメンバーさんもいます。



メンバーさんたちのこれからに、期待したいです!キラキラ

(KeikoT)
Posted by スタンバイ at 14:10
この記事のURL
https://blog.canpan.info/standby/archive/89
コメントする
コメント
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

NPO法人にいがた・オーティズムさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
https://blog.canpan.info/standby/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/standby/index2_0.xml
最新コメント
角田千里
スタンバイ開所式 (10/20) 岸田あすか
スタンバイ開所式 (10/18)
最新トラックバック