CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ワイナーの原因帰属マトリックス [2011年01月07日(Fri)]
Satoリーダーが持ってきた心理学の本で、
ワイナーの原因帰属マトリックスという
面白いトピックスがありました。

あることに成功したり失敗したときの原因を
どこにあったのかなと考えることを
原因帰属性」というそうです。

人によって、何を原因と考えるかは違います。
その違いがその後のその人の心理状態や行動に
大きな影響を与える
ということで、
早速、メンバーさん(4名)と、ワイナーという人が考えた
原因帰属マトリックスをしてみました。



手痛い失敗経験を教えてもらって、
「何が足りなかったからそうなった」と考え、
4つのキーワードの中にあてはめてもらいました。

成功や失敗の原因を
「能力」と考える人は、
自尊感情を高めたり劣等感を抱いたりする。
「努力」と考える人は、
実った時の喜びは大きく、失敗した場合、
次回の努力へと結びつく。
「課題」と考える人は、
例えば大学受験に失敗した場合
次回は大学を変える方向へ。
「運」と考える人は、
成功も失敗も原因は自分のコントロール外にあると
考えるため、落ち込まない代わりに、自信も生まれない。
ちなみに、日本人は、この「運」に帰属する人が多いのが
特徴的なのだそう。

そんなことがテキストには書かれてありました。

ところで、あるメンバーさんの『手痛い失敗』は
「カニを食べすぎてお腹を壊してしまって・・・」
でした。

そして、原因帰属は「課題」と、考えました。

「あるからあるだけ食べただけなんだよなー」って、
そんなことをつぶやくので、
みんなの頬は緩みっぱなしでした。笑い




Posted by スタンバイ at 19:44
この記事のURL
https://blog.canpan.info/standby/archive/31
コメントする
コメント
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

NPO法人にいがた・オーティズムさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
https://blog.canpan.info/standby/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/standby/index2_0.xml
最新コメント
角田千里
スタンバイ開所式 (10/20) 岸田あすか
スタンバイ開所式 (10/18)
最新トラックバック